ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領が、イスラエルで癌治療用に開発され、「コロナにも効く」と噂される鼻から吸引のスプレーに興味を抱き、6日にエルネスト・アラウージョ外相らを派遣し、ブラジルでの第3段階の治験を行うための交渉を行わせる。人口約900万人とサンパウロ市よりも少ないイスラエルでは、ワクチン接種が早く進み、「発症が94%減」「死亡が98・9%減」などの報道もなされているが、コロナ患者での鼻スプレーの治験例は現地でも30件程度。鼻スプレーはサンパウロ総合大学で、治療用の血清はブタンタン研究所などでも開発中だ。イスラエルにおべっかを使うより、より多くのワクチンや治療薬の開発支援や承認に動くとか、自身がマスク着用の見本になる方がよほど効果があるように思うのだが。クロロキンの二の舞は避けたいところ。
     ◎
 コロナ禍の急速な悪化を受け、サンパウロ州でも規制強化を繰り返しているが、その直前から、とりわけ「学校閉校」をめぐるデモが目立っていた。2日にはサンカエターノ・ド・スルの学校関係者が棺桶を地面に置いて行ったデモが話題を呼んだ。同市ではすでに市立校での感染者が75人出ている。とりわけ子供だと「病気になるとかわいそう」の心情も働きがちだが、対面授業を受けられないことによる教育の遅れも長期的視点では大問題。もどかしいところだ。
     ◎
 コロナワクチンの接種は、サンパウロ州、リオ州でも77〜79歳まで対象年齢が下がってきたが、対象年齢になったということで、ロベルト・カルロスやネイ・マットグロッソといった大物歌手やペレなどが早速、接種を受けたと報じられている。国内だと誰でも知っている彼らのような有名人が宣伝役となってワクチン接種が早く進んでくれれば。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 〝永遠のデプタード〟下本八郎氏=コロナ入院後に85歳で逝去2021年6月23日 〝永遠のデプタード〟下本八郎氏=コロナ入院後に85歳で逝去  6期24年間もサンパウロ州議会議員を務めた下本八郎氏が21日午後10時、シリオ・リバネス病院で死去した。行年85歳。新型コロナウイルスにかかり5月17日に入院。コロナは一週間ほどで治ったが、持病の糖尿病が悪化、年齢もあって回復せず、あえなく亡くなった。政治家を辞めた後 […]
  • 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着2021年5月4日 《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着  ブラジルでの新型コロナ感染第2波は一時ほどの勢いを失い、米国の大学が立てた4月に10万人死亡という最悪のパターンには至らなかったが、4月の死者は8万2266人となり、3月の6万6573人を大幅に更新した。感染者191万264人は、3月の219万7488人に次ぐ記録とな […]
  • 東西南北2021年4月15日 東西南北  コロナワクチンの最新の接種者数を示すVacinometroを用意している州が多いが、サンパウロ州で13日午後13時現在のワクチン接種率が最も高い市はフローラ・リカで、市内のほぼ3分の1にあたる33・2%の人が接種を受けた。上位は主に人口の少ない市だが、大都市ではサンカエターノ […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • ■訃報■SBグループ会長=武田興洋さん2021年2月16日 ■訃報■SBグループ会長=武田興洋さん  SBグループ会長や鹿児島県人会マナウス支部会長など務めていた武田興洋さん(たけだ・こうよう、一世、鹿児島)が4日(木)、新型コロナウイルス合併症のため、サンパウロ州サンカエターノ・ド・スル市のサンルイス病院で亡くなった。行年79歳。  武田さんは1月初旬頃新型コロナ […]