ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領の公社介入で不安定化=金融市場に連日マイナス効果=ブラジル銀行頭取も交代か

《ブラジル》大統領の公社介入で不安定化=金融市場に連日マイナス効果=ブラジル銀行頭取も交代か

2月18日夜のライブ(reproducao/Facebook)

 【既報関連】ボルソナロ大統領が2月19日に行った石油公社のペトロブラス(PB)への介入後、内外の投資家の信頼感が揺らぎ、市場の動きが不安定になっている。だが、大統領は公社介入に当たる行為や批判を繰り返しており、マイナス効果が増していると2~4日付現地紙、サイトが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ