ホーム | 日系社会ニュース | 憩の園が寄付呼びかけ=コロナ禍で収入減少

憩の園が寄付呼びかけ=コロナ禍で収入減少

憩の園にある創立者ドナ・マルガリーダ渡辺の胸像

憩の園にある創立者ドナ・マルガリーダ渡辺の胸像

 高齢者養護施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)が、寄付を募っている。
 「憩の園」は昨年から発生した新型コロナの影響で例年のイベントができず、収入がなく困っていた。しかし、結果的に多くの支援者から寄付があり、黒字化したという。
 ただし、今年に入ってもまだ終息しないコロナ禍が原因で、本年のイベントも中止。財政面の見通しも厳しいという。
 吉岡会長は「昨年は本当に多くの方に寄付いただき感謝してもしきれません」と深謝し、さらに「心苦しいですが、このコロナがまだ止まない為、今年もイベントができず財政が厳しい状態です。施設の高齢者の為にも少しでもご支援いただけると大変嬉しいです」と語る。
 「憩の園」への寄付については、以下まで連絡を。(メール=contato@ikoinosono.org.br\電話=11・98516・4763)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ