ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州全域で15日から、別名「紫レベル」とも呼ばれるさらに厳しい外出規制がはじまっている。今回の規制強化でもっとも注目されているのは教会だ。一部の教会では外出自粛に反対し、集会を強行した結果、感染者や死者が出ている。カトリック教会では全国の聖職者1455人が感染し、65人が命を落としているし、ペンテコステ派の牧師が亡くなったとの報道もある。サンパウロ州では今回、宗教活動が生活必需の活動から外されたが、その解釈は各宗教のリーダーによって様々だ。ある教会は「ミサや礼拝などの集会停止」だから、集会はデジタル化するが、「個人的に祈ったりするために訪れる人は受け入れる」意向で、別の教会では教会の門戸を完全に閉めている。厳守は難しそうだが、その成果は?
     ◎
 英国型やマナウス型の変異株による感染確認で、サンパウロ州で最初にロックダウンを採用したアララクアラで、エジーニョ・シウヴァ市長が12日、「感染者が43%、入院率が28%、検査結果待ちが58%減った」と語っている。アララクアラは規制最初の7日間は交通機関やスーパーまで閉め、10日後にやっと、経済活動を再開しはじめた。同市は厳しい規制が功を奏した一例で、14日にはサンジョゼ・ド・リオ・プレットもロックダウンを宣言。地域の市長とも会合を持ち、地域で採用するかも相談中だ。ほかの地域でも好結果を得るか否かは、市民の協力にかかっている。
     ◎
 13、14日、当面では最後となるサッカーのサンパウロ州選手権が行われた。その中には、サンパウロがノヴォリゾンチーノに破れるという波乱の一戦も含まれている。サンパウロ州選手権は30日までは開催を中断。少なくとも3節分は遅れることになるが、これ以上遅れるか否かは、入院者や感染者の動向いかんとなる。状況改善を祈って待つばかりだ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月19日 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  今年4月21日、ゴルフの松山秀樹さんが米国で行われたマスターズでの大会優勝を果たしました。「日本人が初めて海外メジャーを制した」と日本人は大喜びしました。  次いで、6月6日、今度は全米女子オープンで笹生優華(さそうゆうか)さんが優勝、賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月18日 東西南北  ボルソナロ大統領が12日にサンパウロ市で行って物議を醸した、マスクなしでのバイクでの集団デモ行進「モトシアッタ」について、サンパウロ州公共運輸サービス規制機関(Artesp)が、料金所などの記録によると、この日に使われたバイクの数は6661台だったと発表した。デモの直後は「1 […]