ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州全域で15日から、別名「紫レベル」とも呼ばれるさらに厳しい外出規制がはじまっている。今回の規制強化でもっとも注目されているのは教会だ。一部の教会では外出自粛に反対し、集会を強行した結果、感染者や死者が出ている。カトリック教会では全国の聖職者1455人が感染し、65人が命を落としているし、ペンテコステ派の牧師が亡くなったとの報道もある。サンパウロ州では今回、宗教活動が生活必需の活動から外されたが、その解釈は各宗教のリーダーによって様々だ。ある教会は「ミサや礼拝などの集会停止」だから、集会はデジタル化するが、「個人的に祈ったりするために訪れる人は受け入れる」意向で、別の教会では教会の門戸を完全に閉めている。厳守は難しそうだが、その成果は?
     ◎
 英国型やマナウス型の変異株による感染確認で、サンパウロ州で最初にロックダウンを採用したアララクアラで、エジーニョ・シウヴァ市長が12日、「感染者が43%、入院率が28%、検査結果待ちが58%減った」と語っている。アララクアラは規制最初の7日間は交通機関やスーパーまで閉め、10日後にやっと、経済活動を再開しはじめた。同市は厳しい規制が功を奏した一例で、14日にはサンジョゼ・ド・リオ・プレットもロックダウンを宣言。地域の市長とも会合を持ち、地域で採用するかも相談中だ。ほかの地域でも好結果を得るか否かは、市民の協力にかかっている。
     ◎
 13、14日、当面では最後となるサッカーのサンパウロ州選手権が行われた。その中には、サンパウロがノヴォリゾンチーノに破れるという波乱の一戦も含まれている。サンパウロ州選手権は30日までは開催を中断。少なくとも3節分は遅れることになるが、これ以上遅れるか否かは、入院者や感染者の動向いかんとなる。状況改善を祈って待つばかりだ。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]