ホーム | 日系社会ニュース | 静岡県人会初の女性会長=川崎エレナさんを選出

静岡県人会初の女性会長=川崎エレナさんを選出

川崎エレナ玲子さん

川崎エレナ玲子さん

 ブラジル静岡県人会(原永門会長)は2月27日に定期総会を行って、初の女性会長として川崎エレナ玲子氏(二世・64歳)を選び、3月1日から着任した。
 川崎会長はパラナ州ローランジャ市生まれ。両親とも静岡県出身。両親は富士宮市の同じ小学校で教師をし、すでに付き合っていた。母方の親戚に移住者がおり、たまたま里帰りした際、母を気に入って「ブラジルに遊びに来ないか」と誘って1953年に連れていき、そのまま住み着くことになった。1年後、父も母を追ってブラジルに移住して結婚した。
 川崎会長は、パラナ州立アラポンガス大学数学科を卒業。その後、初の元県費留学生として1980年に静岡大学で1年を過ごし、日本語が読み書きまで堪能だ。
 帰伯後、エスピリトサント州都ビトリア市にあった日系鉄鋼会社である川崎製鉄で勤めた。その後、アマゾナス州都マナウス市のパナソニックで勤務し、現在はサンパウロ市のソニーで働いている。
 川崎会長は県人会で活動を行う傍ら、幼少期から日本舞踊の稽古も続け、留学中に日本舞踊流派の一つである藤間流の学校に通った経験もある。また、学生時代は卓球でパラナ州大会にも出場した。
 会長就任前は4年副会長として務めて県との交流を深め、それまで休止していた県費留学研修制度の復活にも尽力した。
 川崎会長は、「若手を育て日本との交流を今以上に強化したい。そして日伯交流の歴史や文化をこれからも保てるように頑張りたいです」との意気込みを述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト2021年4月16日 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト  新型コロナの影響による利用者減少などで、2020年のサンパウロ市の地下鉄の収益は17億レアルの損失を出し、運行本数減少などを余儀なくされたと1、13日付伯字紙、サイトが報じた。  新型コロナ感染への恐怖心や、在宅勤務や在宅と職場勤務を組み合わせたハイブリッドと呼ばれ […]
  • 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も2021年4月16日 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も  重症の新型コロナ感染症患者に人工呼吸器を装着する際に必要な薬品などが不足し、重症者の受け入れを拒否または制限する病院などが出ていると13~15日付現地紙、サイトが報じた。  重症化した新型コロナ感染症患者の増加は、集中治療室(UTI)の占有率上昇だけでなく、医療従事 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで2021年4月16日 サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで  アイフード等のデリバリー配達員を装った強盗がサンパウロ市で多発している。4月6日(火)午後4時にはパライゾ地区で、デリバリー配達員を装った男2人組が犬の散歩中の人に拳銃をかざし、携帯電話を強取する事件が発生。同日に在聖総領事館も注意喚起を促すメールを送信している。 […]
  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]