ホーム | 日系社会ニュース | 文協RURALで森林農法学ぶ=トメアスー等からオンライン講演

文協RURALで森林農法学ぶ=トメアスー等からオンライン講演

イベント告知画像

イベント告知画像

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は4月16日(金)17時から、第13回文協農業関連交流会(文協RURAL)をオンライン開催する。今回のテーマは「アグロフォレストリー」(SAFTA、森林農法)言語はポルトガル語のみ。
 イベントは文協のユーチューブ(https://www.youtube.com/bunkyodigital)、フェイスブック(https://www.facebook.com/bunkyodigital)から視聴が可能だ。
 森林農法は本来ある森を伐採することなく、維持しながら多様な果樹や野菜を育てる持続的な農業。トメアスーを中心に各地でこの取り組みが行われている。
 トメアスーでは1933年頃に胡椒栽培が始まり、国際価格の高騰をうけ胡椒栽培が盛んになり、胡椒一種類の大規模生産がされるようになった。一方で1960年代に胡椒へのフザリウム病による病害がトメアスーをはじめパラー州一帯へと大規模に発生する原因にもなった。

同フォーラムの主宰、協力、後援団体一覧。

同フォーラムの主宰、協力、後援団体一覧。

 胡椒一種のみを植えていた事で胡椒の病気の感染が急速に拡大したという経験を踏まえ、胡椒と胡椒の間に熱帯果樹を植えるという混植の方法が採用された事で同地域の森林農法が始まった。
 同フォーラムには今テーマに関する専門家として、ブラジル農牧研究公社東部アマゾニのアアルフレッド・ホンマ氏や、トメアスー総合農業協同組合(CAMTA)の乙幡アルベルト氏、農務供給省イノベーションディレクターのクレベル・オリヴェイラ・ソアレス氏、JICA江口雅之サンパウロ事務所長、ナチュラ社科学コーディーターのカミラ・ブラス・コスタ氏、ジョルジュ・ヒライワ(Polo de Inovação Agro)を招く。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》「12レアルで買える贈り物」=11歳男児の求めに溢れる好意2021年5月13日 《サンパウロ州》「12レアルで買える贈り物」=11歳男児の求めに溢れる好意  「母の日」を前に11歳の男児がフェイスブックに掲載した「12レアルで買える贈り物」を探すメッセージが、多くの人の心を打ち、数時間の内に本人達が予想だにしなかったほどのプレゼントが届いたと10日付G1サイトが報じた。  メッセージの主は、サンパウロ州内陸部のバウルー市 […]
  • 《アマゾン》ヤノマミ族居住地を襲撃=マフィア絡みの違法金鉱夫ら=軍の掃討作戦後も続く抗争2021年5月13日 《アマゾン》ヤノマミ族居住地を襲撃=マフィア絡みの違法金鉱夫ら=軍の掃討作戦後も続く抗争  ブラジル北部ロライマ州の先住民居住地で10日、違法な活動を行っている金鉱夫(ガリンペイロ)による襲撃事件が起き、死傷者が出た。また、翌日は同件の捜査を行っていた連警捜査官らも銃撃されたと10~11日付現地サイトなどが報じた。  連警捜査官が襲撃されたのは、ヤノマミ族 […]
  • 《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転2021年5月13日 《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転  サンパウロ州地裁が、60歳から64歳の人の地下鉄やCPTM、バスの料金を再び無料にする判断を下した。12日付現地サイトが報じている。  地裁の決定は7日に行われていたが、12日にあきらかになった。11日にはサンパウロ市議会で、この年齢層の人たちの料金を無料にすべきとの公開討 […]
  • 《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報2021年5月13日 《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報  ゴイアス州アナポリス市で、生後6カ月の乳児に無数の傷がある事に気が付いた医師が、虐待を疑って警察に通報、市警が捜査を始めたと11、12日付現地サイトが報じた。  問題の乳児は10日にアナポリス市の救急診療所小児科外来に運び込まれたが、30カ所以上の傷がある事に気づい […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]