ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第152話

中島宏著『クリスト・レイ』第152話

 マルコスのように、このブラジルしか知らない人にとっては、なかなか想像しにくいことかもしれないけど、国を移す、移民するということは、大きな世界が開けると同時に、後にして来た国から脱却する痛みというものが伴うの。それは表面的にはなかなか見えない分、重いものがあるけど、しかしそれは、移民にとって避けて通れない道でもあるわね。
 後にしてきた国と、目前にある新世界と。その二つの狭間の中で起きていく葛藤は半端なものじゃないけど、それもまあ、移民が持つ宿命と呼べるものかもしれないわね。でもね、そこを突き抜けるとね、本当に面白いものが見えてくるわ。
 私の場合は、その突き抜けた風景の中に、突然のようにしてマルコスが現れたわけ。
あ、これは余分なことで、話すことなんかじゃなかったわね、ハハハ、、、、」
 平田アヤの告白は、ひとまずこの辺りで終止符を打つことにする。

クリスト レイ 約束の地 第三章 終

image_print

こちらの記事もどうぞ