ホーム | 日系社会ニュース | 文協追加理事を決定=新役員で運営スタート

文協追加理事を決定=新役員で運営スタート

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が17人の追加理事を発表した。任期は2年。追加理事含む今期文協役員メンバーは以下の通り。
◎理事会
【会長】石川レナト
【副会長】西尾ロベルト義弘(第一)、秀島マルセロ(第二)、頃末アンドレ(第三)、佐々木ヴァルテル(第四)、和田ロドルフォ(第五)、山下リジア玲子(第六)、山村シルビオ(第七)
【専任理事】照屋ヒューゴ武次
【常任理事】島袋栄喜(第一)、ウエダ・マサミ・ジュニア(第二)
【会計専任理事】石川タケシ
【会計理事】オオツカ・ウィルソン・トシヒコ(第一)、平野オストン(第二)
【社会福祉担当理事】吉岡黎明
【企画担当理事】山室エルベルト信工(まこと)
【文化担当理事】奥原常嗣
【社会担当理事】上辻照子
【スポーツ担当理事】田中ロベルト・カズトシ
【広報マーケティング担当理事】タケハラ・パトリシア
【儀典担当理事】フクハラ・カルロス・ケンジ
【報道担当理事】大山タイス
【理事】林マドカ、栗田クラウジオ・ハジメ、中野マリコ
◎評議員会
【会長】山下譲二
【副会長】桂川富夫(第一)、松尾治(第二)、西村リカルド(第三)
【幹事】水本セルソ(第一)、エリソン・リマ(第二)、楠本留巳(第三)
◎監査役
【正監査】高橋博、清原健児、小笠原ロナルド【補充監査】山田タカオ、野村昌治、清水リジア

 

image_print

こちらの記事もどうぞ