ホーム | 日系社会ニュース | 交流基金=ビデオコンテスト受賞者決定=審査員賞「ブラジルの家族」

交流基金=ビデオコンテスト受賞者決定=審査員賞「ブラジルの家族」

Grupo Kenshusambaの作品、「ブラジルの家族」ワンシーン

Grupo Kenshusambaの作品、「ブラジルの家族」ワンシーン

 国際交流基金サンパウロ日本文化センター(JFSP、洲崎勝所長)は5月31日、「第3回日本語ビデオコンテスト」の結果を同サイト(https://fjsp.org.br/3concurso_video_fundacaojapao_resultado/)で発表している。
 「審査員賞(PRÊMIO DO JÚRI)」はグループKenshusambaによるビデオ作品「ブラジルの家族(A Família Brasileira)」が受賞した。
 グループのひとりジョバンニ・ロザレムさん(聖市ロ在住)は「計り知れない喜びです! 素晴らしい結果をもたらしてくれた神と、支えてくれた全ての人、特に先生方へ、そして日本語の勉強を深める機会を与えてくれたJFSPに感謝したいです」と喜んだ。
 審査員を務めたJFSP日本語上級専門家の久野元(くの・げん)氏は受賞作品の良い点に「すべての単語がはっきりと発音していた事、単語の順番がうまく配置されており理解しやすかったところ」と評価。また「どの作品も映像を見た人が『いつかブラジルに行ってこんな体験をしてみたい』と思える内容でした」と総評している。
 駐ブラジル日本国大使賞には「家の外にもルーチンがありますよ!(Também existe rotina fora de casa!)」が、人気賞には「稲積家のブラジル文化(Cultura Brasileira da Família Inazumi)」が入賞した。
 洲崎所長は「開催3回目となり、ビデオ制作や編集に慣れてきていると感じ、印象的な映像も多く選考がかなり難航しました」とコメントした。
 同ビデオコンテストの第4回目を近日にも開催を予定しており、募集情報を掲載するという。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声2021年6月25日 《ブラジル》サレス環境相が突如辞任=不正告発や連警捜査圧力に=後任にも「同類」と批判の声  【既報関連】23日夕刻、リカルド・サレス環境相の辞任と、ジョアキン・アルヴァロ・ペレイラ・レイテ氏の後任指名を告げる号外の連邦官報が出たと23、24日現地紙、サイトが報じた。  サレス氏は5月19日に行われた連警の「アクアンドゥバ作戦」の捜査対象の一人。不法伐採や違 […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]