ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナワクチンのロシア、インド製に輸入許可=制限多く、品質保証なし

《ブラジル》コロナワクチンのロシア、インド製に輸入許可=制限多く、品質保証なし

 国家衛生監督庁(ANVISA)の理事たちが4日に審議を行った結果、ロシア製のスプートニクV、インド製のコバクシンの二つのワクチンの例外的な輸入を許可した。だが、妊婦や重い持病を抱えている人などには適用されないなど、厳しい制限付きの許可となった。4、5日付現地紙、サイトが報じている。
 スプートニクVは世界60カ国以上で接種が行われ、効用も高いとされているが、4月28日に行われたANVISAの審議では、「(安全性に関する)情報不足」との理由で、0―5で緊急使用が却下されていた。
 今回の審議では、同ワクチンの使用を求め、最高裁にも働きかけていた北東部6州の知事からの圧力や外交関係なども考慮し、4―1で例外的な輸入と厳格な条件下での使用が承認された。
 インドのバラット・バイオテック社のコバクシンに対しても、同じく4―1で例外的な輸入が許可された。

 輸入量は、スプートニクVが92万8千回分、コバクシンが400万回分となる。
 ただ、コロナバック、オックスフォード・ワクチン、ファイザーなどのように、緊急使用が認められたわけではないため、品質の保証はされていない。
 ANVISAはこの二つのワクチンの接種対象から、妊婦や重度の持病のある人、エイズ患者、アナフィラキシーのような全身アレルギー反応をワクチン接種後に経験したことのある人などを外している。
 なお、今回許可された量以上のワクチンの輸入に関しては、今回許可分を使用した後に審議されることになる。また、許可された分で問題が生じた場合は使用が中止される可能性もある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍CPI「集団免疫モデルはスウェーデン」影の委員会のテラ氏が証言=重症体験経てもクロロキン執着2021年6月23日 《ブラジル》コロナ禍CPI「集団免疫モデルはスウェーデン」影の委員会のテラ氏が証言=重症体験経てもクロロキン執着  上院のコロナ禍議会調査委員会(CPI)は22日、元市民相のオズマール・テラ下議(民主運動・MDB)を召喚し、証人喚問を行った。「影の委員会」の中心人物とされるテラ氏は今回の証言で、集団免疫とクロロキンの有効性を説いたが、委員らに反論され、皮肉られる光景が見られた。22 […]
  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]