ホーム | 安慶名栄子著『篤成』 | 安慶名栄子著『篤成』(20)

安慶名栄子著『篤成』(20)

 私たちの人生は新しいお家、新しい日課の始まりで一変しました。
 午前中にはブラジルの学校へ行き、授業が終わると皆で駅まで走り、汽車が通るのを見るのが好きでした。
 いつも同じ時間に、とてもハンサムな盲目の青年がブロンドヘアの2人のきれいな女性と一緒に駅の前を通りかかるのでした。1人は彼の恋人だといい、いずれ結婚するのだということでした。その青年は日系人で、女性が非日系人だったので青年の家族がその結婚に猛反対でした。青年は、彼女と一緒になれないのであれば死んだほうがましだと言い張っていましたが、そんな悲惨には至らず、それが逆に2人を増々近づかせ、2人の間の愛が益々大きくなったのでした。本当の愛は死んでも離別できないとは、そのような愛を指していると感じました。
 そして、その2人が実に幸せそうに手をつないで歩いているのを見ると、何故か私は日本に残され、戦死した2人の兄の事を思い出すのでした。戦争なんてなければ…。
 そんな気持ちで戦争を心底憎みました。戦争さえなければ、父は2人の兄と一緒に暮らすことができ、幸せだったことでしょう、と思うのでした。
 汽車が出発すると、私たちはまた走り出し、皆、ポルトガル語で喋りながら、大はしゃぎで日本語学校へ行きました。でも、遠くからでも先生が現れると、皆黙り込んでしまうのでした。何故ならその先生は典型的な日本人で、教室の中ではポルトガル語は禁句でした。一言でも許されませんでした。ふいにポルトガル語が出ると、その生徒は起立してみんなの前で謝らなければなりませんでした。さもなければ、先生が持っていた竹竿で1人1人が手のひらをたたかれるのでした。
 そのように本当に厳しい先生でしたが、みんな先生が大好きでした。先生はいつもお話を聞かせて下さり、面白い話にはみんな大笑いし、また時には全員が涙を流すような悲しいお話もありました。それらのお話の裏には常に感謝の気持ち、他人や先祖への愛の気持ちを私たちに教えるための教訓がありました。
 私は、その先生のもとで初めて日本舞踊や日本の国歌を学びました。男の子たちは相撲や柔道、空手、剣道など、他にも日本独特なスポーツを学びました。
 しかし、全てが楽しい事ばかりではありませんでした。
 当時、貨物列車がバナナの収穫地点を通過することができるようにと地域の日本人たちが集まり、鉄道の待避線を設置しました。以前は町の駅まで収穫物を運び、そこからサントス港へ送るのでした。当時のバナナは全部ウルグァイへ輸出されていました。
 さて、その同じ地区に或るブラジル人家族が暮らしておりましたが、その家族は待避線の設置作業に参加しなかったのでした。日本人の地主の大多数は、そのブラジル人家族が待避線を使うのに反対しました。そのためにこの家族は収穫物を元通り中心地の元の駅まで運ばなければなりませんでした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]