ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》先住民デモで高速道封鎖=保護区制定困難化法案に反対

《サンパウロ州》先住民デモで高速道封鎖=保護区制定困難化法案に反対

 29日朝、サンパウロ州で先住民たちがレジス・ビッテンコート高速道を封鎖するデモを起こした。彼らは、新たな先住民保護区の制定を困難にする法案に反対の姿勢を示している。29日付現地サイトが報じている。
 今回のデモは午前5時50分頃から、サンパウロ州南部のミラカトゥ(レジス・ビッテンコート高速道377キロ付近)で起こった。参加した先住民は約350人だった。
 このデモは、下院の憲政委員会(CCJ)が23日に承認し、本会議での審議に回した法案「490/2007」に反対するもの。この法案は農牧派議員が推進しているが、新たな先住民保護区の制定を困難にするものとして、先住民から強い反発を受けている。

 デモ参加者たちはレジス・ビッテンコート高速道サンパウロ方面行きの車線を全て占拠していたが、交渉後、午前8時45分頃に解放した。このデモにより、交通が乱れ、同高速道の378キロから389キロ間で渋滞が起きた。
 ブラジリアでは今月8日から、各地の先住民が集まって抗議活動を続けており、警官とデモ参加者の抗争も起きている。この抗争のため、下院CCJは22日に法案審議を止める必要も生じたが、翌日の審議で同法案を承認している。
 抗議活動は全国的なもので、サンパウロ州では25日の朝も、グアラニ族の有志がバンデイランテス高速道の封鎖しての抗議デモを行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 尋ね人2003年3月29日 尋ね人 3月29日(土) […]
  • 開会式での鏡開き2014年8月22日 ポルト・アレグレ=日本祭り5万人来場で大盛況=姉妹都市金沢と交流深まる=実行委員会組織して本格化  南大河州ポルト・アレグレ市の軍警学校で「第3回ポルト・アレグレ日本祭り」が16、17日に開催され、約5万人の来場者で賑わった。同日本祭り実行委員会(日野原ペドロ会長)主催。伝統的な日本文化が展示、披露されたほか、アニメイベント「AMIME・BUZZ」も同会場内で行なわれ、 […]
  • 知っておきたい日本の歴史=徳力啓三=(16)2020年10月10日 知っておきたい日本の歴史=徳力啓三=(16) 画期的だった日英同盟  ロシアは19世紀の末、不凍港を求めて、東アジアに目を向け始めた。ロシアの東方政策として、1891年には大陸横断鉄道の建設に取りかかり、太平洋岸にあるウラジオストックに至るシベリア鉄道の建設を始めた。  「ウラジオストック」とはロシア語で「 […]
  • 東京で働き学ぼう=日本語と幼児教育=力行会2004年9月22日 東京で働き学ぼう=日本語と幼児教育=力行会 9月22日(水)  東京で働きながら日本語を学ぶ意思のある日系男女を日本力行会が募集している。この日本語講習生の応募締切りは十一月十二日、選考試験は同二十日。 […]
  • 東西南北2021年8月25日 東西南北  22日に発生した大サンパウロ都市圏にあるフランコ・ダ・ロシャのジュケリー州立公園の森林火災で引き起こされた煙や灰によって、サンパウロ市と近隣では大気の質がかなり悪化しているという。環境浄化技術公社(Cetesb)によると、23日の州内の大気の状態は、サンパウロ市北部ペルースが […]