ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》バスケット男女とも東京五輪逃す=男子も最終枠かけた試合で敗退

《ブラジル》バスケット男女とも東京五輪逃す=男子も最終枠かけた試合で敗退

ドイツとの試合結果を伝えるブラジル・バスケット連盟のツイッター(CBB)

 東京オリンピックが間近に迫っているが、バスケットのブラジル代表(男子)が4日、クロアチアで行われた五輪出場の最終枠をかけた試合で敗れ、五輪行きを逃したと4日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。
 五輪前最後の大会でのブラジル代表は、最初の3試合を順調に勝ち上がり、東京行きの切符は確実かと思われていたが、決勝の対ドイツ戦で敗れて、東京行きの権利をなくした。
 ドイツとの試合は、第1クオーターこそ17対14でブラジルがリードしていたが、第2クオーターで逆転され、前半を終わった段階で36対34となった。ブラジルはその後も劣勢を跳ね返せないまま、第3クオーター52対46、第4クオーターを終えた時点では75対64で試合終了のホイッスルを聞いた。
 ブラジルのアンデルソン・ヴァレジョンは14点を入れたが、ドイツのヴァグナーは28点を入れ、この試合の得点王となった。

 ブラジル(男子)はこの敗戦で、ロンドン、リオと2大会続いていたオリンピック連続出場記録を断たれてしまった。
 今回は女子代表も、昨年の予選をかねた大会で成績を残せず、東京行きの切符を失っており、男女共にチームを送れなくなってしまった。女子は1992年のバルセロナ大会以来、7回続いた連続出場記録を断たれた。
 ブラジルのバスケットチームは、男子代表が3度の銅(1948年ロンドン、1960年ローマ、1964年東京)、女子代表は銀(1996年アトランタ)と銅(2000年シドニー)のように、出場経験や上位入賞経験を重ねてきたが、今回は、1976年モントリオール大会以来、史上2度目の男女揃っての敗退となってしまった。

★2021年7月7日東京五輪=日本生まれの柔道ブラジル代表=エドアルド・ユージの挑戦=国籍の壁にぶち当たりブラジルへ (中)
★2021年7月6日《ブラジル》東京五輪=日本生まれの柔道ブラジル代表=エドアルド・ユージの挑戦=13日静岡へ「メダル持ち帰る」(上)

★2021年6月18日《ブラジル》東京五輪=メダル期待されるブラジル人選手たち=リオ五輪を超えることはできるか?=新種目スケートボード、サーフィンも

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2005年4月23日 東西南北 4月23日(土) […]
  • 同社本部で、黒子さん(左)と松永さん2014年3月27日 三菱商事 松永氏が社長に就任=黒子氏は関西支社副社長に ニッケイ新聞 2014年3月27日 ブラジル三菱商事の取締社長に昨年就任した黒子多加志氏(54、東京)が、日本側の急な欠員に伴い退任したため、松永愛一郎氏(51、岡山)が新社長に就任した。黒子氏は帰国後、関西支社の副社長およびエネルギー事業部長を担う。 エネルギー関係の専門 […]
  • JATAK=農業青年研修生が出発=来年まで日本各地で研修2008年5月9日 JATAK=農業青年研修生が出発=来年まで日本各地で研修 ニッケイ新聞 2008年5月9日付け […]
  • 刊行『蜂鳥』2014年5月17日 刊行『蜂鳥』  句集『蜂鳥』318号が刊行された。 「蜂鳥集」より3句「秋冷や郵便箱にくもの糸」(西朋子)「カピバラの耳かはいいと女の子」(畠山てるえ)「来客に半裸をわびて秋暑し」(青木駿浪)、特別作品「四旬節」(関山玲子)ほか。 […]
  • 日本語学習優秀生徒を招く2003年2月25日 日本語学習優秀生徒を招く 2月25日(火)  国際交流基金関西国際センターは「平成十五年度日本語成績優秀者研修」を九月三日から十七日まで、同センターで実施する。その研修員を募集している。 […]