ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》ワクチン接種を前倒し=40歳は7日、39歳は8日

《サンパウロ市》ワクチン接種を前倒し=40歳は7日、39歳は8日

加速されるワクチン接種(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 サンパウロ市市役所が新型コロナのワクチン接種の日程を前倒ししているので、こまめな確認が必要だ。
 5日付現地サイトが報じたのは、8日からの予定だった40歳への接種を7日に前倒しするという件と、8日に39歳への接種を行うという、2度の前倒し情報だ。
 従来の日程表では、今週は5日が41歳、8日が40歳の接種開始日となっていた。だが5日朝の時点で、41歳への接種は5日と6日で、7日には40歳またはそれ以上の人を対象とすると報じられた。予定変更はそれだけに止まらず、5日夕刻には8日に39歳への接種を行う事が発表された。
 8日までのワクチン接種は、市内468カ所の保健所(UBS)や82カ所の外来医療診療所(AMA)、ドライブスルー、保健センター、提携薬局などで行われる。

 なお、9日と10日は39~41歳で指定日に接種を受けられなかった人と2度目の接種を受ける人が対象となる。ただし、9日は休日、10日は土曜日でUBSは開かないため、接種会場はAMAのみとなる。
 サンパウロ市市役所によると、同市では5日までに成人人口の60%が少なくとも1回のワクチン接種を受けており、15日までには70%に達するという。ただし、38歳以下への接種日程は6日の時点では未発表だ。
 39~40歳で5~10日に接種を受ける人は40万9千人の見込みだ。この数は当該年齢層の総数より少ないが、医療関係者や教育関係者、治安関係者、公共交通機関の職員などは優先接種の対象となっていたため、今週の接種対象者の人数から外されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岡田茂吉財団=『平和文化のための教育会議』=精神性を中心テーマに講演2021年5月29日 岡田茂吉財団=『平和文化のための教育会議』=精神性を中心テーマに講演  岡田茂吉財団の自然環境・社会環境持続可能性部門(SMASS)主催のオンライン講演『第3回平和文化と精神性を促進する環境教育会議』が6月4、5日の9時20分から11時50分にかけて開催される。  例年同様、著名な講師陣を迎えて、精神性に基づく教育の重要性とその新たな試 […]
  • リサイクル=カレフルがポリ袋廃止=ピラシカバ支店で率先実施2010年3月17日 リサイクル=カレフルがポリ袋廃止=ピラシカバ支店で率先実施 ニッケイ新聞 2010年3月17日付け  カルロス・ミンク環境相は15日、「ブラジルは、アルミ缶の回収率で世界のトップ水準にあるのだから、プラスチックでも同じことができる筈だ」と述べたことを16日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 《ブラジル》初の政府独自の衛星打ち上げへ=通信、国防の強化に使用2017年5月5日 《ブラジル》初の政府独自の衛星打ち上げへ=通信、国防の強化に使用  ブラジル政府が、ブラジル北部アマパー州に隣接する仏領ギアナのクールーにあるフランス国立宇宙センターから、4日午後5時半に静止衛星を打ち上げると同日付現地紙、サイトが報じた。同衛星は民事、及び軍事にも利用される。  国内ブロードバンド拡張計画(PNBL)を担ってきたテレブラス […]
  • 日教寺=パネトーネ100個寄贈=援協福祉部や老人ホームに2020年12月12日 日教寺=パネトーネ100個寄贈=援協福祉部や老人ホームに  サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)の本部ビルで7日、本門佛立宗中央寺院日教寺が日伯福祉援護協会に100個のパネトーネの寄付を行った。  日教寺からは植松セルジオ日教寺信徒総代と高崎日現住職が訪れ、援協の菊地義治評議員会会長、前園マルセリーノ事務局長と長尾マリ […]
  • 東西南北2003年12月25日 東西南北 12月25日(木) […]