ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》緊急支援金=支給期間を3カ月間延長=支給額や対象は現行通り

《ブラジル》緊急支援金=支給期間を3カ月間延長=支給額や対象は現行通り

緊急支援金はデジタル口座を使って支給される(Marcello Casal Jr./Agência Brasil)

 連邦政府が5日、世帯所得が3最低賃金までの家庭向けの緊急支援金支給期間を3カ月間延長すると発表し、そのための大統領令を出したと同日付現地サイトが報じた。
 今年に入ってからの緊急支援金は支給額が150~375レアルに減額された上、受給者も各家庭に1人で、支給額増額や支給対象拡大が望まれていた。だが連邦政府は、一人暮らしの人には月150レアル、家計を支えている女性には月375レアル、それ以外の場合は月250レアルという基準を維持。支給対象も据え置かれた。
 ゲデス経済相は10月までの3カ月間の支給延長とした事について、10月になれば成人人口の全てが少なくとも1回のワクチン接種を受けているはずで、より安全な形で就労できるようになると説明した。
 だが、ワクチン接種が遅れた場合には支給の再延長があり得る事と、年末までに生活扶助(ボルサ・ファミリア)の改革を進める意向も表明。生活扶助は市民省の管轄で、現在は扶助額の見直しなどを行っている。

 なお、今回の緊急支援金の支給期間延長には新たな資金が必要となるため、大統領令と共に202億レアルの特別支出を認める暫定令も出された。今回の特別支出もこれまで同様、歳出上限法の適用外となる。
 経済省は6月に、緊急支援金の支給延長には月90億レアルが必要(3カ月間なら270億レアル)としていたが、連邦議会が今年の支援支給のために認めた400億レアルの残りが約70億レアルあり、202億レアルの特別支出で足りるという。
 緊急支援金は連邦貯蓄銀行が開くデジタル口座を通して支給される。

★2021年6月16日《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長
★2021年6月10日《ブラジル》ゲデス経済相が緊急支援金の支給延長示唆=暫定令で110億レ工面?=新しい生活扶助にも言及
★2021年3月2日《ブラジル》緊急支援金 金額や財源巡り二転三転=3月再開目指すも迷走続く

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • エコノミーア2003年4月30日 エコノミーア 4月30日(水) […]
  • コラム 樹海2004年4月3日 コラム 樹海   早場米の産地・千葉県の鴨川市では一日に田植えが始まったそうだ。東北で生まれ育ち農作業もひと通りは経験したけれども、五月になると農家の人たちは、猫の手をも借りたいような忙しさになり田植えを迎えたように覚えている。代掻(しろかき)といい牛や馬を使い田の土をきちんとする作業があり […]
  • 連邦政府=濃縮ミルクに1500万レ?=食費に年間18億レの大量消費2021年1月28日 連邦政府=濃縮ミルクに1500万レ?=食費に年間18億レの大量消費  連邦政府が2020年に、コンデンスミルクに1500万レアルを費やしたのをはじめ、食費に年間18億レアル使っていたことがわかり、波紋をなげかけている。27日付現地紙が報じている。  これは、メトロポレス報道サイトが調査した結果を24日に発表して注目されたものだ。それに […]
  • コラム 樹海2012年12月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月19日付け […]
  • 東西南北2006年3月2日 東西南北 2006年3月2日(木)  郵便局CPI(議会調査委員会)のアマラル委員長は、最終報告で「裏金」の存在を明らかにすると述べた。ヴァレーリオ氏の下議らへの資金提供の日付の多くが、下院表決の日と一致するのがその根拠。      ◎ […]