ホーム | コラム | 樹海 | 「ワクチンの選り好み」についての考察

「ワクチンの選り好み」についての考察

 

新たな措置で選り好みによる接種拒否が減ったと報じる5日付CNNブラジルの記事の一部

新たな措置で選り好みによる接種拒否が減ったと報じる5日付CNNブラジルの記事の一部

1日以降、サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市など、新型コロナの予防接種会場でワクチンの種類を聞いて接種を拒む人を、18歳以上の列の最後尾に置き始める自治体が出てきた。
 しかも、自分の意思で接種を拒否した事や接種を待つ間に感染しても責任は本人にある事、集中治療室の空きがなくて入院できなくても文句を言わない事などを記した文書への署名も必要だ。サンベルナルド市では、6月30日は222件起きた接種拒否が1日は20件に減ったという。
 ワクチンを選びたがる人は、実態を知らない、またはまだ追い詰められておらず、コロナ感染やコロナで死ぬ事への恐怖感や実感が少ないのだろうとコラム子には想像される。
 感染した人の苦しみや遺族の悲しみなどを身近に知る人は、自分や近親者が苦しみ、悲しむのを避ける意味でも、ワクチンの種類より接種を受ける事を優先するようにコラム子には思われるからだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ