ホーム | コラム | 樹海 | 初の大統領直撃スキャンダルの真相は?

初の大統領直撃スキャンダルの真相は?

アンドレア氏(Instagram)

アンドレア氏(Instagram)

 「ああ、つまりはそういうことだったのか」。5日に報じられた、ボルソナロ大統領の元義妹、アンドレア・シケイラ・ヴァーレ氏の暴露証言を聞いて、コラム子には腑に落ちるものがあった。
 2018年初頭、ボルソナロ氏は大統領選の世論調査で10%台の前半の支持を獲得するほど注目度は高くなっていた。だが、まだニュース番組でとりあげられるほどの政治家ではなかった。
 まだ支持者が「汚職に関係ないクリーンな政治家」を求めていたその頃、ボルソナロ一家に初めてのスキャンダルが浮上した。
 それはボルソナロ氏本人をはじめとして、息子たちの資産が直前の数年間で急激に増えたことを伝えるものだった。とりわけ多かったのは不動産で、それらが議員としての給与でまかなえるものではなかったことで怪しまれていた。ただ、そのときは、その購買を可能にする資金の出所がわからなかったために、その後、そうした報道は尻すぼみになっていった。
 だが、ボルソナロ氏の大統領当選が決まり、就任を1カ月後に控えた18年12月、長男フラヴィオ氏のリオ州議時代におこなったラシャジーニャ(議員職員給与のピンはね)疑惑が発覚した。
 自身の雇った幽霊職員たちの給与の大半が現金で引き落とされて、父ボルソナロ氏の古くからの友人であるファブリシオ・ケイロス氏の口座にまとめて振り込まれていたことが判明したのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • スペインからの入国厳格化=〝報復〟を否定するものの2012年4月3日 スペインからの入国厳格化=〝報復〟を否定するものの ニッケイ新聞 2012年4月3日付け  スペイン人への入国審査が2日から厳しくなったが、スペイン人から「母国でのブラジル人への入国手続きに対する復讐」と解釈され、同国からの旅行者の減少が懸念されている。2日付エスタード紙が報じている。 […]
  • 大耳小耳2011年1月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年1月12日付け  昨年の紙面で宮城県人会が農村の治安改善セミナー開催を企画中と紹介したが、その後一向に音沙汰がないので、来社した中沢会長に尋ねてみた。すると、当初予定していたモジ市ピンドラーマ植民地での駐在所制度に加え、現在地元アチバイアのタンケ地 […]
  • レジストロ=灯篭流し訪問旅行=鳥取県人会が募集2009年10月9日 レジストロ=灯篭流し訪問旅行=鳥取県人会が募集 ニッケイ新聞 2009年10月9日付け  鳥取県人会の「とっとり歌謡会」は31日からサンパウロ州カナネイアとレジストロ灯篭流しを訪問する旅行を実施するにあたり、参加者を募集している。 […]
  • 穀物豊作 4年続く=大豆は前年比2割増へ2003年1月21日 穀物豊作 4年続く=大豆は前年比2割増へ 1月21日(火) […]
  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]