ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 コロナ第2波が襲った3月に2週間休みを前倒ししたため、サンパウロ大都市圏の公立校生は例年より7月の休みが少ないが、振り替え授業ももうすぐ終わり、休みに入るタイミングで朗報が入っている。それは、1~5月の公立校における子供のコロナ感染率は0〜9歳で2・8%、10〜19歳で6・1%、0〜19歳の死亡率もわずか0・2%で、成人人口での感染率などよりも大きな割合で低下しているというものだ。これに加えて、公立校の教職員のワクチン接種も35%まで進んでいる。こうしたデータに基づき、7日には、8月からの新学期は35%という制限を外し、全面的な対面授業復帰との知事令が出た。8月23日からは12~17歳へのワクチン接種もスタートする。万事がうまくいって、少しずつコロナ以前の日常が戻ってくるのを願うばかりだ。
     ◎
 11日夜、サンパウロ大都市圏サントアンドレで、4歳の少女が銃弾を浴びて死亡する事件が起きた。この少女の父親(30)が妻と4人の子供たちを乗せて帰宅し、車を停めようとした際、顔見知りの住人と口論となり、銃弾を浴びたという。最初に撃たれた父親は腕と足に負傷しただけで済んだが、少女は胸に被弾。負傷後の父親が車を運転して病院に運んだが、彼女は助からなかった。犯人と格闘した母親も銃の台尻で殴られて額に傷を負ったが、命に別条はなかった。犯人は現在も逃走中。被害者たちの証言によると、少女の父親と犯人は以前から駐車場を巡って対立関係にあり、殺害予告まで受けていたという。
     ◎
 コパ・アメリカが終わった直後だが、南米サッカーにはリベルタドーレス杯が待っており、昨日から16チームによる決勝トーナメントがスタートしている。今日14日は2連覇を狙うパルメイラスが、敵地チリでウニベルシダ・カトリコと対戦する。ブラジル勢は今年も、16チーム中6チームで最多。3年連続のブラジル勢優勝を目指して頑張ってほしいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • これまでになく怖い選挙2018年10月25日 これまでになく怖い選挙  統一選の決選投票を前に、かつて見た事のない類の情報が行きかっている▼その一つは弊紙も報じた、大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏の息子のエドゥアルド下議が、「最高裁を閉鎖するには伍長と兵士だけでよい」と語ったものだ。ボルソナロ氏自身も同時期(6、7月)、「最高裁判事達は汚職を […]
  • コラム オーリャ!2007年12月28日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年12月28日付け  百周年協会がリッファを始めたらしい。らしい、と伝聞の形を取るのは、さっぱり広報活動をせず、すると言った約束を守らない同協会へのささやかな嫌味だ。 […]
  • トヨタで激励される=ふれあいセミナーの生徒ら2007年1月20日 トヨタで激励される=ふれあいセミナーの生徒ら 2007年1月20日付け  【既報関連】第八回日本語ふれあいセミナー(ブラジル日本語センター主催)は、十七日、老人クラブ連合会(重岡康人会長)の会員らと交流を行ったのち、ブラジルトヨタのインダイアツーバ工場を見学した。 […]
  • 懐メロ合唱の集い=6日2012年10月5日 懐メロ合唱の集い=6日 ニッケイ新聞 2012年10月5日付け  懐メロ合唱の集いが、6日正午から老人クラブ連合会会館(Rua Dr. Siqueira Campos, 134, Liberdade)である。参加自由。会費は一般6レアル、老ク連会員4レ。 […]
  • ミス・フェスティバル=今年はカミラさんに栄冠2006年7月18日 ミス・フェスティバル=今年はカミラさんに栄冠 2006年7月18日付け  初日夜にはミス・フェスティバルの選考。今年は十五歳から二十代までの三十二人が出場。サンパウロ市、近郊をはじめ、ペレイラ・バレットなどサンパウロ州奥地、カンポ・グランデなど州外からの出場者もいた。 […]