ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 パラナ州クリチーバでルーラ元大統領のためにキャンプを行う団体が大量にいることは昨日付本紙でも報じたが、ルーラ氏が彼らに対して手紙を書き、グレイシ・ホフマン労働者党(PT)党首が16日に支持者の前で読み上げた。ルーラ氏は「私は司法機関を信じているが、無実で捕まった多くの人たち同様に怒っている」と書き、さらに「獄中でも、あなた方が私のために歌ってくれる声が聞こえてきた。感謝している」と述べた。連邦警察の近くでキャンプを張っていた人たちは17日にはテントをたたみ、他の場所へと移動した。それにしても、このキャンプによる抗議はいつまで続くのか。
     ◎
 16日未明、サンパウロ市東部ラディアル・レステで、シダーデ・チラデンテスと地下鉄イタケラ駅間を運行する3787号線のバスが横転する事故が起きた。これにより乗客5人が軽傷を負ったが、運転手は当初、乗客からリンチにあうのを恐れて逃げたという。自宅で見つかって警察に出頭した運転手によると、彼は12時間に及ぶ長い勤務で疲弊しており、カーブをうまく曲がりきれずに事故を起こしてしまったという。死者が出なかっただけでも幸いだったか。
     ◎
 16日に行われたサッカーの全国選手権の開幕戦。サンパウロは本拠地モルンビでの対パラナ戦を1ー0で勝利し、コリンチャンスやサントスに続いたが、パルメイラスは敵地リオでの対ボタフォゴ戦を1―1で引き分けて、開幕勝利とはならなかった。第2戦は今週末。パルメイラスはパカエンブー・スタジアムでのインテルナシオナル戦で今季初勝利を狙う。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]
  • 東西南北2017年7月18日 東西南北  12日に実刑判決を出されて以来、ブラジルの話題を集めるルーラ元大統領だが、それに伴い、同氏の痛烈な批判者として知られる、サンパウロ市のジョアン・ドリア市長も注目を集めている。ここ連日、市長がルーラ氏に関して何か言うたびにマスコミの話題になるため、他の政治家からは「まるでオウム […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]