ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》来年度連邦予算基本法で選挙基金を3倍に=反対のはずの大統領派も賛成=保健・教育予算を削って回す=ボルソナロが拒否権使う?

《ブラジル》来年度連邦予算基本法で選挙基金を3倍に=反対のはずの大統領派も賛成=保健・教育予算を削って回す=ボルソナロが拒否権使う?

連邦議事堂(Marcello Casal)

 連邦議会は15日、2022年の連邦予算基本法(LDO)を可決した。この中には、選挙における政党割り当て資金とされる「選挙キャンペーン財政特別基金」(フンドン)を昨年の地方選時の約3倍の57億レアルにすることも含まれており、ボルソナロ大統領派で有名な議員たちも増額に賛成票を投じたため、支持者から強い批判を浴びた。15、16日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ