ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》=2月の殺人事件件数は最低記録=「積極的なパトロールの成果」と警察関係者

《サンパウロ州》=2月の殺人事件件数は最低記録=「積極的なパトロールの成果」と警察関係者

 サンパウロ州は27日、今年2月に州内で発生した殺人(加害者側に殺意があった場合のみ。過失による死亡事故などは含まない)の犠牲者数が219人で、2002年の調査開始以来、最低だったと発表した。

 今年2月の数値は、昨年2月の殺人事件の犠牲者数246人と比べ、11%減った。284人だった今年1月と比べると、23%減っている。

 これまでは、昨年9月の232人が最低値だった。調査が開始された2002年は、2月の殺人事件の犠牲者数が980人だから、4分の1以下に減ったことになる。

 殺人事件の件数も212件で、1月の237件より10・5%減った。

 また、殺人未遂は1月の330件から260件に、強盗殺人の犠牲者も17人から12人に、強姦件数も1071件から946件に減少した。昨年2月は、殺人未遂が265件、強盗殺人の犠牲者が23人、強姦事件が999件だったから、いずれの数値も、前月比、前年比共に減少したことになる。窃盗や強盗といった事件の数も減っている。

 殺人事件やその犠牲者の数の減少傾向は、2000年以降続いている。殺人課(DHPP)などの捜査機関の装備が充実したことや巡邏活動の強化、犯罪組織の州都第一コマンド(PCC)が他の組織を駆逐し、中小の犯罪組織間の抗争がなくなったことなどが殺人事件減少の要因だ。

 サンパウロ州市警のルイ・フェラス・フォンテス本部長は、「警察の努力により、犯罪者に『捕まらずに逃げおおせることなどできない』との圧迫感が増したことが犯罪減少に繋がっている」と語り、警察が積極的にパトロールすることで、市民の間にも安心感が広がっているとした。

 サンパウロ州軍警本部長のマルセロ・ヴィエイラ・サーレス大佐も、市警と協力して、多くの警察官が街に出ていることが犯罪を抑制していると語った。同大佐は、今年から始まったサンパウロ・マイス・セグーロ(「より安全なサンパウロ州」の意)計画で、大勢の警察官による摘発作戦を集中的に行っていることにも触れた。

 2月は4回の大型摘発作戦が実行され、動員された警察官は、延べ人数で7万7414人に達したという。

 ブラジル公共安全フォーラムのサミラ・ブエノ氏は、「殺人事件の犠牲者数が減るのは当然祝うべきことだけど、その原因を知るにはより詳細な調査が必要。また、今年発足したばかりのドリア知事の施策がうまく行ったからと言うのは無理があり、前の知事までとった施策の効果が今出ていると考えるほうが自然だ」と語った。(28日付フォーリャ紙、27日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》今年も懸念される水不足=水位低下で不審沈没車15台も発見2020年9月29日 《サンパウロ州》今年も懸念される水不足=水位低下で不審沈没車15台も発見  ブラジル中西部が50年に1度の干ばつと言われ、ブラジリアでは雨が降った後も湿度が10%との報道があるが、雨不足が心配されるのはサンパウロ州でも同様だ。  サンパウロ州では主要な貯水池の水位が下がるなどの懸念材料も出てきているが、水位低下により、思いがけない所で15台 […]
  • サンパウロ市長選が開始!=選挙放送時間で有利な現職=注目されるSNS戦略や虚報対策2020年9月29日 サンパウロ市長選が開始!=選挙放送時間で有利な現職=注目されるSNS戦略や虚報対策  11月15日の投票日に向け、26日に全国市長選の出馬登録が締め切られ、翌27日から選挙運動が幕を切った。サンパウロ市では、10月9日から始まる選挙放送では全時間の4割を現職市長が占有して有利と見られる。だが、選挙運動期間が短いために前評判1位のセウソ・ルッソマノ候補が […]
  • リオ市=来年カーニバルのパレード延期=コロナ禍影響を怖れて=6、7月? 日程は未定2020年9月29日 リオ市=来年カーニバルのパレード延期=コロナ禍影響を怖れて=6、7月? 日程は未定  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 東西南北2020年9月29日 東西南北  サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは […]
  • 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」2020年9月29日 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」  菅新政権は23日から、全世界からの入国を条件付で可能にする緩和を始めることで調整に入ったとの報道が日本で流れた。それを受けて先週から日系ブラジル人ユーチューバーや関連ポルトガル語サイトが誇張した〝解説〟を流し始めている。いつからデカセギは実際に訪日再開できるのか。在サ […]