ホーム | コラム | 樹海 | 愛を知らない人々

愛を知らない人々

死の直前まで親子の絆を堅く保っていた故コーヴァス市長とトマス君(5月、Reprodução/Instagram)

死の直前まで親子の絆を堅く保っていた故コーヴァス市長とトマス君(5月、Reprodução/Instagram)

 先日来、耳を疑うような話が続けざまに報じられている。一つは、7歳の息子を虐待していた母親が、薬物を飲ませた後に息子の体をトランクに入れて運び出し、川に投げ込んだ事件。
 もう一つは、5月に亡くなったブルーノ・コーヴァス聖市市長が、コロナ禍で外出規制が敷かれている最中の1月に、息子と共にサッカー観戦に行ったとボルソナロ大統領が批判した件だ。
 最初の話は7月29日にリオ・グランデ・ド・スル州で起きたもので、母親は翌日、息子のミゲルがいなくなったと失踪届を出した。だが、話のつじつまが合わない事に疑問を感じた警察が、同居していた連れ合いの女性と母親を即日逮捕した。
 ミゲル君の遺体は現在も捜索中だ。警察は既に、鎖で縛って洋服ダンスに閉じ込めるなど、肉体的・精神的な虐待が続いていた事を示す証拠などを入手している。
 母親は息子の生死を確認せずに川に投げ込んでおり、体を運び出す際も骨を折ってトランクに詰め込んだという。また、取調べ中も、息子の事よりも連れ合いの女性の事を案じていたと報じられている。
 大統領の方は何かで追い詰められた時に起きがちな手当たり次第の多方面攻撃の一つだが、自己弁護さえできぬ死者に刃を向けた事などで、発言直後から批判が噴出している。
 コーヴァス市長のサッカー観戦は、その当時も批判を浴びた。だが、同市長はがん闘病中で余命の見通しさえつかぬ中、せめてもの思い出作りのための観戦で、防疫対策は完全に履行した事なども明確にしていた。
 パンデミック中、市役所に泊まり込んで市民の感染予防対策に没頭していた市長の後ろ姿には、誰もが一目おいていた。そして実際に5月に亡くなった…。
 故市長の息子で15歳のトマス君は、今回の大統領発言に対し、「それが愛だ! ボルソナロ氏には決してわからないだろうが」と語ると共に、「非人道的で臆病」と批判した。コーヴァス氏を知る人々も故市長を擁護し、大統領の態度を批判する声を上げている。
 「愛された事のない人は愛する事ができない」とよく言われる。親としての愛が、子供や友人、国民にも及ぶべきと考えるのは行き過ぎかもしれない。
 だが、これらの話からは、コロナ禍のストレスなども重なった出来事の一つといって済ませておけないような嘆きや叫びが聞こえてくる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2009年6月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年6月25日付け […]
  • ラジオ日本=当地放送局で中継開始=ポ語番組をサンパウロ州や首都で2012年11月10日 ラジオ日本=当地放送局で中継開始=ポ語番組をサンパウロ州や首都で ニッケイ新聞 2012年11月10日付け […]
  • 大耳小耳2016年12月23日 大耳小耳  外国人集住地域として知られる愛知県豊田市の保見団地で暮らす在日ブラジル人のリアルな日常を245枚の写真を織り込んで綴ったルポルタージュ『ファミリア保見団地』(世界文化社)が12月に日本で発売された。住民約9千人のうちの約半数が外国籍(ブラジル人は約3千人)という同団地で、写真 […]
  • 星野華怜選手が初優勝=チェス全日本女子選手権2017年8月19日 星野華怜選手が初優勝=チェス全日本女子選手権  チェス日本協会主催の「全日本女子選手権」が8月5、6日に東京都大田区民センターで開催され、サンパウロ市在住の星野華怜選手(かれん、16、ミラソウ学園チェス部)が初優勝を果たした。スイス式(トーナメント方式)6回戦(60分+秒/手)で3勝0負3分。  同大会は、来年9 […]
  • 初の2世会長を選出=与儀氏=若手の台頭踏まえ=沖縄県人会2005年2月17日 初の2世会長を選出=与儀氏=若手の台頭踏まえ=沖縄県人会 2月17日(木)  沖縄県人会に初めての二世会長が登場。十三日午後四時から、同会館で臨時総会が開催され、約百人の出席者により会長・副会長ら常任理事と会計監査役が選出された。 […]