ホーム | 日系社会ニュース | 安平町有志=ブラジルに巨大雪だるま贈呈=北海道移住100周年記念で=費用総額は600万円?!

安平町有志=ブラジルに巨大雪だるま贈呈=北海道移住100周年記念で=費用総額は600万円?!

ブラジルに届けられたミニ雪だるま(左は大沼会長と孫)

 ブラジル北海道文化福祉協会(大沼宣信会長)は、ブラジル北海道人移住100周年記念行事として、11年ぶり2回目となる巨大雪だるまの展示を25日午前10時から、サンパウロ市のジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52, Bela Vista、以下JH)の入り口で行う。入場無料。
 展示される巨大雪だるまは、なんと高さ約2メートル、重さは約1・5トン。50センチ程のミニ雪だるまも、寄り添うように約30体が並べられる。
 これは、北海道安平町から送られたもの。町民有志が「雪だるまプロジェクト」(真保生紀代表、しんぼせいき)を結成し、今年の2月に制作。地域の子どもや日系ブラジル人研修生ら約100人も制作に参加し、ブラジルへ送るビデオメッセージも添えられた。完成した雪だるまは苫小牧市内の冷凍倉庫で保管され、6月2日に苫小牧港を出港。7月14日、サントス港に到着した。

案内ポスター

 北海道新聞5月31日付サイト記事は《費用の総額は輸送費や保管費など計600万円》と報じている。
 JHに隣接するオズワウド・クルズ広場では、憩の園、希望の家福祉協会、こどものその、日伯福祉援護協会の日系福祉4団体がフードトラックを出店する。
 このイベントには、前日の「ブラジル北海道人移住100周年・ブラジル北海道文化福祉協会創立80周年記念式典」に合わせ来伯する、副知事ら慶祝団も参加。2度の雪だるま渡伯計画を実現させた真保生紀さんの親族も来伯参加する。
 北海道協会の大沼会長は「サンパウロ市ではまず見られない雪だるま。とける前にぜひ見に来て」と来場を呼びかけた。
 1回目は、08年のブラジル日本移民百周年に、安平町の早来(はやきた)雪だるま郵便局(当時は真保生紀局長)の発案で、巨大雪だるま展示イベントを同協会会館で開催した。気温30度近い暑さの中、日本の冬の風物詩を目当てに日系・非日系問わず8千人以上(同会発表)が来場し、雪に触れて楽しむ姿が見られた。
 当日はNHKやグローボも取材に来場する予定だという。


□関連コラム□大耳小耳

 25日に北海道協会がJHで開催する巨大雪だるま展示イベント。立役者の真保さんは、雪が積もることがほとんどない東京の子どもらに、真っ白な北海道の雪を届けてあげたいとの思いから、雪だるま型の発砲スチールに雪を詰めたふるさと小包「雪だるまゆうパック」を1986年に開始した人。以後は日本国内にとどまらず、米国やペルーなどの海外にも雪だるまを送っているとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年9月14日 東西南北  エスピリトサント州で「殺人犯を殺した人には1万レアルの褒美を」と発言して物議をかもした州議員がいる。この人物は退役軍警のカピタン・アスンソン州議で、ボルソナロ大統領と同じ、民主社会党(PSL)の所属だ。同州議は、州内で起きた35歳の女性が4歳の子供の前で射殺された事件に憤慨し […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑2021年6月16日 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑  すでに「効用がない」との研究結果が出た後も、外務省がインドの企業3社にクロロキンを求めていたことや、連邦政府がファイザー製薬のワクチンの返事に2カ月かかっていたところが、クロロキンだと15分で返答を行っていたことなどが明らかになった。さらに、上院のコロナ禍の議会調査委 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介2021年6月15日 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介  大統領府通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が、フェイクニュース捜査の対象のブログ運営者に政府協力メディアの存在を明かし、同氏に有利に計らうことを約束した様子が音声データとともに報じられた。13、4日付現地紙が報じている。  これは13日付グローボ紙が独占 […]