ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となった。また、当初は、26日から開催の予定だった、2022年W杯に向けたサッカーの南米予選も延期となった。南米諸国で無観客試合や延期措置が取られる中、動きの遅かったブラジルでも週末のリオ市、サンパウロ市開催試合が無観客試合に。これで本田圭佑のデビュー戦と目されていたボタフォゴ戦も無観客試合。なんとも悲しい。
     ◎
 また、サンパウロ市で毎年3月~4月に行われ、今年は4月3~5日に開催予定のロック・フェスティバル「ロラパルーザ」も、開催がかなり微妙だ。それは、出演者が9割方同じで1週前に行われる、チリとアルゼンチンでのロラパルーザの主催者が、12日に「下半期に延期」との発表を行っているためだ。ただ、下半期に延期する場合、サンパウロ市会場のインテルラゴス・サーキットは予定が詰まっているし、市内には他に同様の大規模会場もない。どうなるか。
     ◎
 コロナウイルスの世界流行宣言後、ブラジリアでは「学校休校」が起きたが、世界の状況を見てみると、被害の大きなイタリアなどでは、「食料品店や薬局以外の店の開店制限」なども出されている。今後、ブラジルでの学校や公共交通機関、商店街などの状況がどうなるかは気になるところだが、焦りすぎず、公式な発表に従う方が賢明だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 東西南北2019年6月28日 東西南北  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市で26日未明、2度の強盗を働いた35歳の軍警が現行犯逮捕された。軍警は犯行時、玩具の銃を使っていた。警察によると、軍警はリオンズ大通りのガソリンスタンドで最初の強盗を働き、黒のシボレー車で逃げたが、スタンドの店員がナンバーを控えて […]