ホーム | ブラジル・グルメ | ケンスタール=ほぼ日本産、食通うならせる霜降り牛

ケンスタール=ほぼ日本産、食通うならせる霜降り牛

手間暇かけて生産された最上級の霜降り和牛肉

 2006年に和牛肉の生産・販売を開始して以来、ケンスタール社(中矢レナト健二社長)は良質の肉を提供するため、餌や生育環境を工夫し、一頭一頭に細心の注意を注いで牛を飼育しているという。
 「日常の世話だけでなく、獣医のチームによる医療および予防接種などを必要に応じて行っている」と強調する。
 同社は遺伝学の研究を深め、良質な純血種の種牡牛や小牛を生育することで、最上級の霜降り和牛を当地で生産することに成功した。
 牛の仕上げ期に肉質を改善し、脂肪交雑やきめ・しまりの充実を図ることで、質の良い霜降り肉を作り出している。

中矢社長(中央)

 同社はFrigorifico Cowpig社と提携し、他とは一線を画した、「限りなく日本産に近い和牛肉」をサンパウロの市場で販売している。
 個人の注文も受付けているが、ブロック(塊肉)での販売となるため要相談。誕生日パーティーや大勢で集まるシュラスコの際にいかが? 問合せは、フレッジさん(電話=11・97257・7676、Eメール=vendas@kenstar.com.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ルーテル教会バザー5日=衣料、古本、好評の食堂も2019年5月3日 ルーテル教会バザー5日=衣料、古本、好評の食堂も  日系ルーテル・サンパウロ教会(ルイス・メロ牧師)はバザーを5日午前10時から午後3時まで、聖市リベルダーデ区の同教会(Rua Pandiá Calógeras, […]
  • ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す2019年4月5日 ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す  「流行最先端は和牛カルパッチョ。それに日本式鉄板焼きも浸透してきている。ジューシーで柔らかい和牛の味を一度知ってしまうと、他の肉を食べられなくなる」――和牛生産大手・ケンスタール社の中矢レナト健二社長は、柔和な笑みを浮かべて和牛の魅力を語る。  ブラジルに和牛農家は […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • リオで干物業立ち上げ=ブジオスの町おこし狙い2015年9月10日 リオで干物業立ち上げ=ブジオスの町おこし狙い  NPO法人「地球の心・日本」の代表を務める元ブラジル移民の伊藤修さんらが、リオ州ブジオス市の漁港振興や雇用の創出を狙い、同地で干物産業を始動させた。 「地球の心・日本」は、環境や生態系を守る持続可能な農業形態「アグロエコロジー」を実践・普及を図る団体。伊藤さんは、水銀汚染問題 […]
  • グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店2019年7月6日 グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店  「うちのお客様は3~4割が日系人や日本人。ミナス料理が好きな日本人は多いのよ」――創業者のマリア・ダス・グラッサス・オリヴェイラ・ホシさんは、笑顔でそう語った。  「グラッサ・ミネイラ」は、メトロのサンタクルス駅から徒歩5分程度の好立地にある。店の外にも […]