ホーム | 日系社会ニュース | 東本願寺=ブラジル国籍の大谷暢裕新門首=継承式19日にオンラインで

東本願寺=ブラジル国籍の大谷暢裕新門首=継承式19日にオンラインで

大谷暢裕門首

大谷暢裕門首

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)は、7月1日に真宗大谷派第26代門首に就任した大谷暢裕氏(69歳、ちょうゆう)の「門首継承式」を19日22時(日本時間20日10時)にオンラインで配信することを発表した。
 同派は親鸞開祖以来、750年の歴史を持ち、所属寺院数は約8千と日本でも有数の規模を誇る。
 大谷新門首は、6月30日付けで退任した大谷暢顯前門首(ちょうけん、90歳)のいとこで、南米開教使となった父の故暢慶氏と共に1歳の時に渡伯した。その後、サンパウロ大学(USP)理学部で物理学を学び、ブラジルの航空技術研究所に勤めた。
 2011年には真宗大谷派の鍵役に就任。14年には同派の門首後継者となった為、翌15年から京都に住み、本年7月1日より新門首として就任した。
 大谷氏は南米開教のため、幼少期に家族とブラジルへ移住したことから同国の国籍を所持している。同派で外国籍を持つものが門首に選ばれるのは初となる。
 また、暢裕氏が今回門首に就任したことにより、その息子である大谷裕(ゆう)氏(35歳)が新門(次期門首の意味)となる。裕氏は現在京都に在住で、以前の暢裕氏と同じ開教司教に就任した。
 暢裕門首は、就任にあたって「親鸞聖人がひらかれた浄土真宗の教えは、国や人種、性別、年齢などに関わりなく、差別のない平等の世界を説いている教えです。言葉や文化の違いを超えて、南無阿弥陀仏のみ教えを世界に届けたい」とその抱負を語っている。
 真宗大谷派第26代門首継承式は、東本願寺公式ユーチューブチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCLPB2H1qV_1BjH1KAVizZfA/live)で誰でも視聴が可能。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」2021年2月26日 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」  「ビデオゲームの達人」として有名だった19歳の女性が22日午後、ゲーマー(ゲーム愛好家)でサンパウロ市在住の18歳の少年に刺殺される事件が発生した。23、24日付現地紙、サイトが報じている。  殺害されたのは、イングリッジ・オリヴェイラ・ブエノ・ダ・シウヴァさんだ。 […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]