ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ大統領が4日間で退院=いきなり最高裁を批判展開

《ブラジル》ボルソナロ大統領が4日間で退院=いきなり最高裁を批判展開

退院したボルソナロ氏(Annie Zanetti)

 ボルソナロ大統領は18日、腸閉塞の治療を終えて退院した。入院は4日間で終わった。正式な復職は19日からで、大統領は早速、選挙の投票形式をめぐって最高裁を批判する発言を行った。19日付現地サイトなどが報じている。
 ボルソナロ大統領は18日、入院先のサンパウロ市ヴィラ・ノーヴァ・スター病院から退院した。14日にブラジリアの軍病院から移送された際は「手術か」とも囁かれたが、結局手術は行わなかった。治療の結果、経過はよく、この日の退院となったが、退院後のガイダンスを厳しくつけられた上での退院となった。

 退院となった18日には、ワクチン不正契約疑惑浮上のエドゥアルド・パズエロ前保健相に関し、「ブラジリアはロビイストの天国だ」と発言し、仲介業者を悪者にしてパズエロ氏を擁護した。
 職務復帰となった19日、大統領は以前から繰り返している、電子投票による選挙の不正説を改めて唱え、「投票結果の印刷付きの投票にしなければ選挙には出ない」と発言した。先週行われた下院の審議では印刷付き投票を正式採用するための法案は却下されそうになり、審議延期となっていた。
 この言動は12日にルイス・フクス最高裁長官との間に交わした「三権への攻撃的な言動を控える」との約束を破ったとして、大統領側近からも批判が出ている。

★2021年7月17日《ブラジル》ボルソナロ大統領=手術なしでも経過良好=退院日程の目処は立たず
★2021年7月16日《ブラジル》ボルソナロ大統領=当面は緊急手術不要の判断=投薬などで治療、退院は未定
★2021年7月15日《記者コラム》ストレスで入院? 孤立感強める大統領

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2007年5月12日 コラム 樹海 2007年5月12日付け […]
  • 《ブラジル》連邦検察庁=サンパウロ州LJ特捜班で7人離任=パラナ州についで激震走る2020年9月4日 《ブラジル》連邦検察庁=サンパウロ州LJ特捜班で7人離任=パラナ州についで激震走る  【既報関連】ラヴァ・ジャット作戦の中心拠点であるパラナ州連邦検察局のデウタン・ダラグノルLJ主任が1日に辞任したのに続き、2日にはサンパウロ州LJ班の検察官7人が離任願いを提出する事態が起きたと3日付現地紙が報じている。  同作戦の拡大に伴い、主に建設大手のオデブレヒト社の […]
  • 憩の園定期総会=文協ビルで12日2016年3月9日 憩の園定期総会=文協ビルで12日  救済会「憩の園」(吉安園子会長)が12日午前10時から、サンパウロ市文協ビル5階の事務所(Rua Sao Joaquim, […]
  • 一足早い飾り付け=クリスマス商戦の火ぶた切る2006年10月27日 一足早い飾り付け=クリスマス商戦の火ぶた切る 2006年10月27日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十五日】サンパウロ市内の商店やショッピングで早くも、クリスマス商戦の火ぶたが切って落とされた。消費の減少が予想されることから、競争に勝ち抜くために例年より四〇日あまり早い年末商戦を展開する。 […]
  • クリチバの女医ら8人=殺人や組織形成で裁判へ2013年3月19日 クリチバの女医ら8人=殺人や組織形成で裁判へ ニッケイ新聞 2013年3月19日  パラナ州地裁が、クリチバ市のエヴァンジェリコ病院集中治療室(UTI)のヴィルジニア・S・デ・ソウザ元主任ら8人に対し、陪審裁判を行う事を決めたと16日付伯字紙が報じた。 […]