ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ大統領=手術なしでも経過良好=退院日程の目処は立たず

《ブラジル》ボルソナロ大統領=手術なしでも経過良好=退院日程の目処は立たず

点滴を受けながら病院内を歩く大統領(reproducao/Twitter)

 腸閉塞で入院中のボルソナロ大統領は現状、手術を行わない治療を行っているが、退院のめどは立っていないと、16日付現地紙、サイトが報じている。
 10日以上止まらなかったしゃっくりと腹部の痛みを訴えたボルソナロ大統領は14日朝、ブラジリアの軍病院に行った後、「手術の可能性あり」として、その日のうちにサンパウロ市のヴィラ・ノヴァ・スター病院に移送された。
 同病院では手術は行わず、鼻からのチューブで栄養分をとりながらの治療や観察がはじまった。経過は良好で、15日夜にはチューブも取り外され、16日からは経口食も取りはじめた。大統領は2018年9月のミナス・ジェライス州での刺傷事件以降、腹部の手術を4度受けている。

 同日夕方には、ミシェレ夫人が見舞いに駆けつけ、そのときに撮った大統領の写真をネットにあげている。
 だが、現時点でまだ、退院日時は未定だ。大統領も16日、ネット上で支持者に対して、「神がゆるせばすぐ現場に復帰する」と述べるにとどまっている。
 通常なら、大統領不在中の職務はアミウトン・モウロン副大統領が代行するが、同副大統領は14~17日はアフリカのアンゴラに滞在中のため、大統領は病室で執務を行う意向のようだ。

★2021年7月16日《ブラジル》ボルソナロ大統領=当面は緊急手術不要の判断=投薬などで治療、退院は未定
★2021年7月15日《記者コラム》ストレスで入院? 孤立感強める大統領
★2021年7月3日《ブラジル》連邦検察庁がボルソナロ大統領を捜査へ=ワクチン不正黙認疑惑で=最高裁からの圧力に抗えず

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ピンドラーマ=8月号発行2007年8月16日 ピンドラーマ=8月号発行 2007年8月16日付け  ショーエイ出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」八月号が発行された。市内の日系書店、日本食レストランなどで配布している。 […]
  • 2008年7月5日 皇太子さまご来伯記念写真グラフ3(パラナ編1) パラナ式典には7万5千人参加 6月22日に挙行されたローランジア式典では、練習を重ねてきた百周年の踊りが盛大に披露された 式典の来賓には皇太子さまをはじめ、ジョゼ・アレンカール副大統領(ルーラ大統領の代理)、ロベルト・レキオン州知事らがずらり。(パラナ州政府広報=Fot […]
  • 江差追分・道南口説節大会=安永幸柄さん優勝、日本へ2017年6月28日 江差追分・道南口説節大会=安永幸柄さん優勝、日本へ  今月11日、江差追分会ブラジル支部(石川諭支部長)主催の『第28回江差追分ブラジル大会』と『第17回道南口説節コンクール』が宮城県人会館で開催された。約80人の民謡愛好家がサンパウロ州各地から集い、難易度が高い楽曲として知られる江差追分と道南口説節を会場に響かせた。  『江 […]
  • 大耳小耳2011年2月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年2月25日付け […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(19・終り)=今こそ振り返る価値ある同仁会2020年7月31日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(19・終り)=今こそ振り返る価値ある同仁会  細江静男著『ブラジルの農村病』には、十二指腸虫病の原因となる寄生虫の一種ネカトール・アメリカーノについて、次のような歴史的に興味深い記述もある。  大航海時代に連れて来られた黒人奴隷と共に、アメリカ大陸に持ち込まれた病気の一つが、寄生虫の一種ネカトール・アメリカーノ […]