ホーム | ブラジル国内ニュース | 《リオ市》リオ五輪の聖火台に再び火=東京五輪を顕彰し、期間中点す

《リオ市》リオ五輪の聖火台に再び火=東京五輪を顕彰し、期間中点す

再び火が点ったリオ五輪の聖火台(Tomaz Silva/Agencia Brasil)

 東京五輪の開幕に先駆けた22日、リオ市中央部のカンデラリア教会の傍に造られたリオ五輪用の聖火台に火が点ったと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。
 リオ五輪の聖火台への点火式は東京五輪を顕彰する意味で行われ、リオ市長のエドゥアルド・パエス氏と、在リオ日本国総領事館の橋場健総領事らが出席した。
 聖火台はリオ五輪以後ずっと使われていなかったが、リオ市が整備して使用できるようにした。20日には、ガス会社職員やトラック、梯子、クレーンなどを動員したテストも行われた。

トーチを手に現れたパエス市長(22日付オ・ジア・サイトの記事の一部)

 点火式は、午後6時半過ぎにリオ五輪で使われたトーチを持ったリオ市長が現れ、橋場総領事に聖火をつなぐという形で始まった。橋場総領事がクレーンの上で待っていたオリンピック村の子供2人にトーチを手渡すと、クレーンが動いて子供達が聖火台の高さまで持ち上げられ、再び点火された。
 パエス市長は点火式の中で、新型コロナのパンデミックの中で五輪開催まで漕ぎ着けた日本のオリンピック委員会とその努力を賞賛。16年のリオ大会がリオ市に残したレガシーについても強調した。
 22日に点火された火は、8月8日までの東京五輪開催期間中、ずっと点されたままとなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州水不足=「5年間は大丈夫」と知事=危機解消宣言は尚早の声も2016年3月9日 サンパウロ州水不足=「5年間は大丈夫」と知事=危機解消宣言は尚早の声も  14年初頭から深刻な水危機に直面していたサンパウロ州で、ジェラウド・アウキミン知事が7日、「水危機は解消」と宣言したと同日付G1サイトや8日付伯字紙が報じた。同知事は「カンタレイラ水系の貯水率は約60%、アウト・チエテ水系も40%に回復したから、干ばつが4~5年続いても大丈夫 […]
  • 中林俊二さん特選=子規顕彰全国俳句大会2004年10月26日 中林俊二さん特選=子規顕彰全国俳句大会 10月26日(火)  第三十九回子規顕彰全国俳句大会の入選句が判った。十八日、広田ユキさん、串間いつえさんが結果を持参、来社した。  ◇特選(黒田杏子選) […]
  • 《ブラジル》母は二世1号で国際結婚=笠戸丸三世ドロシーさん語る(下)=「日英伯三ヵ国のルーツは誇り」2017年4月14日 《ブラジル》母は二世1号で国際結婚=笠戸丸三世ドロシーさん語る(下)=「日英伯三ヵ国のルーツは誇り」  そんなカラガタトゥーバで育ったドロシーさんは、「家庭内では英語だけ。母は父を立てて、一歩後ろに付いているような人だった」と言い、「そのためか、家庭内では日語は話しませんでした。ですが日本料理はよく作ってくれましたよ」と懐かしむ。 […]
  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(6)2017年6月17日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(6)  当時の間切長宮里蒲助の名をもって蒲助浜と付したと歴史は伝えている。そこで蒲助浜(実質的には米須海岸)の砂丘に糸満から漁業者(ウミンチュー)数家族が呼ばれ移住し、浜小(ハマグワー)と云う集落が形成され誕生した。  この集落は、去った沖縄戦(1944~1945年)まで続いていた […]
  • CBF会長=FIFA理事会を辞任=後継には元大統領の息子2015年11月28日 CBF会長=FIFA理事会を辞任=後継には元大統領の息子  マルコ・ポーロ・デル・ネーロブラジルサッカー連盟(CBF)会長が26日、世界サッカー連盟(FIFA)理事会における南米サッカー連盟(Conmebol)代表の職を辞したと27日付伯字各紙が報じた。 後任には、ブラジル元大統領ジョゼ・サルネイの息子でCBF副会長のフェルナンド・サ […]