ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》LJ特捜班がスパイウェア導入を交渉=イスラエルのペガサスなど=弁護団「ルーラ盗聴用では」と訴え

《ブラジル》LJ特捜班がスパイウェア導入を交渉=イスラエルのペガサスなど=弁護団「ルーラ盗聴用では」と訴え

ラヴァ・ジャットのデルタン・ダラグノル元主任(Marcelo Camargo)

 ラヴァ・ジャット作戦(LJ)班が以前、イスラエル企業とスパイウェア「ペガサス」を含むシステム導入の交渉を行っていた疑惑が明らかになった。この疑惑を明らかにしたのはルーラ元大統領の弁護団で、彼らはルーラ氏らに対する盗聴行為を行うことが目的ではなかったかと最高裁に訴えている。26日付現地サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ