ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院コロナ禍CPI 来週から活動を再開へ=プレシーザ社が最初の焦点=マクシミアーノ社長は逮捕も?=疑惑の福音派牧師も召喚へ

《ブラジル》上院コロナ禍CPI 来週から活動を再開へ=プレシーザ社が最初の焦点=マクシミアーノ社長は逮捕も?=疑惑の福音派牧師も召喚へ

ランドルフ上議(Edilson Rodrigues)

 来週から再開するコロナ禍に関する議会調査委員会(CPI)では、インド製コロナワクチン「コバクシン」の不正契約に関与した疑惑をもたれているプレシーザ・メジカメントスの追及が行われる見込みだと、29日付現地紙などが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ