ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》2日より新学期開始=100%対面授業は4分の1

《サンパウロ州》2日より新学期開始=100%対面授業は4分の1

 サンパウロ州の学校は2日から新学期に入ったが、生徒が100%対面授業に戻った州立校は全体の4分の1ほどだと、2、3日付現地紙サイトが報じている。
 サンパウロ州は18歳以上の成人へのコロナワクチンの接種率(少なくとも1回)が3日現在で77・4%(フォーリャ紙調べ)など、ワクチン接種が浸透し、感染者数、入院者数、死者数などが軒並み下がっている。
 このような状況から、州政府は新学期から公立、私立校に、2020年3月以来となる100%の対面授業を行うことを求めている。だがそれは強制ではなく、最終的な判断はそれぞれの学校に委ねられている。

 州立校の場合、2日の段階で100%の対面授業を実施しているのは、全5130校の内、24・39%にあたる1251校のみだという。
 教室内のスペースなどの問題で100%の対面授業を行っていない学校は、輪番制で授業ごとの出席生徒数を決めているところがほとんどだ。
 0〜3歳までの保育園や幼稚園では、8月からも100%の対面授業は避けて、輪番制を行うよう指導されている。これらの学校では最大60%までの制限措置が取られている。前学期までは最大35%に制限されていた。
 現在求められている対面授業の際の規制は、マスクの着用やハンドジェルの常備などの衛生対策に加えて、机の列の間隔を1メートル空けることだ。前学期まではこの間隔が1・5メートルだった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 11月は前立腺 ガンの予防月間2015年11月7日 11月は前立腺 ガンの予防月間  11月17日の世界前立腺がん予防デーにちなみ、保健省が3日に予防キャンペーンを始めた。連邦議会などの主要施設を青い光で照らす、医療施設に青いリボンを飾るなどは、関心を呼び、検診を促す工夫の一つだ。 […]
  • リオ=新しいUPP設置準備=アレモンではコンテナ銃撃2014年3月14日 リオ=新しいUPP設置準備=アレモンではコンテナ銃撃 ニッケイ新聞 2014年3月14日  リオ市西部のヴィラ・ケネディで13日朝、38番目の軍警治安維持警察隊(UPP)設置準備としての制定作戦が行われ、同地区は20分で掌握されたと同日付G1サイトなどが報じた。  UPPは同市の代表的な治安対策だ。最初は麻薬密売組織などが支配す […]
  • セーラとジルマの支持率並ぶ?=労組依頼のセンスス調査=選挙高裁の登録名にミス=信頼度に疑問の声も2010年4月15日 セーラとジルマの支持率並ぶ?=労組依頼のセンスス調査=選挙高裁の登録名にミス=信頼度に疑問の声も ニッケイ新聞 2010年4月15日付け […]
  • パラー州で行方不明=サンパウロ州でも情報求める2005年4月7日 パラー州で行方不明=サンパウロ州でも情報求める 4月7日(木)  パラー州アナニンデワ市在住の野田幸三さんが、兄の野田隆興(65)を捜している。地元付近は心当たりのところは、すでにすべて当たっており、サンパウロまで「なんとか消息がほしい」と言ってきた。 […]
  • 東西南北2014年5月6日 東西南北  4日、サンパウロ市パウリスタ大通りで、今年で通算18回目を迎える毎年恒例のゲイ・パレードが行なわれた。当日は27度と5月にしては暑い中で行なわれたが、警察の発表によると10万人の観客がつめかけた。同パレードの今年のテーマは「反同性愛嫌悪」で、色とりどりの山車に乗った女装者 […]