ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》小型機から1・3トンのコカイン=ベルギー行きのトルコ籍機で

《ブラジル》小型機から1・3トンのコカイン=ベルギー行きのトルコ籍機で

コカインが積み込まれていた24個のトランクと差し押さえられたトルコ籍の小型機(PF/Divulgacao)

 連邦警察が4日、セアラー州フォルタレーザ市の空港で、大量のコカインを搭載した小型機を差し押さえ、スペイン人の乗客とトルコ人機長の2人を逮捕したと同日付G1サイトなどが報じた。
 麻薬搭載で差し押さえられたのは、サンパウロ州リベイロン・プレット市からスペイン経由でベルギーのブリュッセルに向かう予定だったトルコ籍の小型機だ。
 警官の姿を見て慌てて機内に入り、扉まで閉めていた事に疑問を感じた連警は、扉を開けさせて機内に入り、乗客に職務質問を行った。スペイン人の乗客は最初、仕事でブラジルに来たと語っていたが、その後、観光でサンパウロ州グアルーリョス市を訪れたと言い始めた。
 連警は、小型機が欧州を発った時からその行程を追跡していたが、警官を見た時の乗客の反応やその言葉から、機内にあったトランクの中身を確認する事を決めた。

 連警は最初、トランクの一つを開け、荷物の包装を裂いて中身を確認。中身がコカインである事を確認した連警は、残りのトランクも開くように命じた。
 連警は機長にも、「これが何を意味するかわかるか?」と訊いたが、機長は「何が入っているかは知らない」と答えた。
 連警が調べたところ、スペイン人の乗客のものとされたトランクは24個で、各トランクには厳重に梱包された板状のコカインが50枚ずつ入っていた。トランクから見つかった板状のコカインは計1200枚で、その総量は1304キロに及んだという。
 連警はトランクや携帯電話、種々の書類を押収した上で、スペイン人の乗客と機長を逮捕。他の乗務員3人も連行され、事情聴取を受けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 裏千家50周年=中南米大会へ参加を=9月にメキシコシティで2004年3月23日 裏千家50周年=中南米大会へ参加を=9月にメキシコシティで 3月23日(火)  裏千家ブラジルセンター(林宗慶代表)では、九月にメキシコで開催される中南米全体の五十周年を祝う裏千家淡交会中南米大会に合わせて、茶道に関心のある人のツアー参加を呼びかけている。 […]
  • 大耳小耳2014年3月4日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月4日  「ブラジルW杯日本人訪問サンパウロ支援委員会」は金曜の会見で、あくまで「ボランティア」だと強調し、「W杯期間中に、日本人訪問者が観戦ツアーを心おきなく楽しめるように〃出来る限りのことを行う〃が、無給ボランティアとして出来ることには限界がある […]
  • 大耳小耳2005年12月6日 大耳小耳 2005年12月06日(火) […]
  • MASP=故大原さんの写真展示=北パラナ農村撮した30枚2003年8月22日 MASP=故大原さんの写真展示=北パラナ農村撮した30枚 8月22日(金) […]
  • ■今週末の催し2015年5月28日 ■今週末の催し  土曜日(30日) ハワイの夜、午後7時、文協多目的ホール(Rua Sao Joaqquim, 381) 日曜日(31日) 牛の丸焼きと6月祭、午前10時、希望の家(Trav. Hideharu Yamazaki s/ n da Estrada do Tronco, […]