ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》母が夢枕に立ち「日記探して」=コロナで亡くなる直前=娘が必死に見つけ落涙のメッセージ

《ブラジル》母が夢枕に立ち「日記探して」=コロナで亡くなる直前=娘が必死に見つけ落涙のメッセージ

入院中の母が書いた日記を見つけたと報じる12日付トゥリブナ・デ・ジュンジアイ・サイトの記事の一部

 新型コロナに感染し、サンパウロ州ソロカバ市の医療施設に30日間入院した後に亡くなった女性の娘は、母が夢に現れて日記を探すように言われた。その通り日記を必死で探していたところ、母の死後に病院から届いた品の中に本当に日記があり、母の言葉に大きな慰めを見出していると12日付G1サイトなどが報じた。
 新型コロナと戦う毎日や家族への思いなどを込めた日記を書き残したのは、ソロカバ市エデンの緊急診療所(UPA)とサンタカーザ病院で30日間闘病の後、6月28日に亡くなったマリア・セリア・ダ・クーニャ・デ・オリヴァイラさん(52)だ。
 マリアさんは15日間UPAにいたが、病状悪化で、6月12日にサンタカーザ病院の集中治療室(UTI)に移った。
 マリアさんの娘のマリアネ・アウヴェス・デ・オリヴァイラさん(30)は、転院する前日に母が夢に出て、「あなたへのメッセージを日記に書いておいたから必ず見つけてね」と言われた。
 マリアネさんは早速UPAに行って日記を探したが、UPAでは何も見つからなかった。次にサンタカーザ病院にも出向いたが、毛布を1枚手渡されただけで、自分が母に毎日書き送っていた手紙も戻ってこなかった。

 マリアネさんは2度病院に足を運んだが、何も手渡してもらえなかったため、マリアさんが亡くなった翌日、再び病院に行き「自分が書き送った手紙と母の日記を渡してくれるまで帰らない」と言い張った。
 こうしてようやく見つかったのが「マリアネへ」と書かれた母の日記だった。15ページほどの日記には、日付や世話をしてくれる看護師の名前、病院での毎日、真夜中も休まず働く医師や看護師を思いやる言葉と共に、マリアネさんや家族への思いや助言、これまでの歩みを振り返って思い起こした事柄、祈りの言葉などが事細かく記されていた。
 母を失い、呆然としていたマリアネさんとその家族は、母の愛がこもった言葉に触れ、慰められると共に、マリアさんが本当に強い人であった事や彼女が敢然と病と闘っていた事などを感じて励まされたという。
 マリアさんは転院前日のビデオ通話で、酸素吸入のマスクまで外して見せた。だがその翌日かかってきた電話の向こうからは、マリアさんの病状悪化と転院が必要と告げる医師の声しか聞けなかったという。
 マリアネさんの親族には、コロナ感染症で亡くなった人がマリアさん以外にも3人いるという。

★2021年7月29日《サンパウロ州》子供が冗談で「ここに埋められているのでは」=掘ってみたら行方不明だった家主の遺体発見

★2016年12月6日《ブラジル》花嫁ら乗せたヘリ墜落=花婿待つ会場到着直前に
★2015年12月24日《ブラジル》町中が見守り病院で結婚式=ガンの新婦、写真も見ずに逝く

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オーリャ!2015年8月6日 オーリャ!  8月に入り、休暇を実家で過ごしていた大学生たちがサンパウロに戻り、オーリャ子の下宿先の県人会館も数週間ぶりに賑やかになった。 マリンガやクリチーバなど、サンパウロ市から遠く離れた故郷で家族とゆっくり過ごしたとか。聞けば休暇では毎回帰省するそうで、顔色を見れば幸せ具合が良く […]
  • 本荘追分ブラジル大会、1日=「皆さん、ぜひ応援に来て!」2020年2月29日 本荘追分ブラジル大会、1日=「皆さん、ぜひ応援に来て!」  【1月8日付既報関連】ブラジル本荘追分会(川合昭会長)は「第5回本荘追分ブラジル大会」を3月1日(日)午前10時から、サンパウロ市ビラ・マリアナ区のブラジル秋田県人会会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]
  • コラム オーリャ!2011年3月4日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年3月4日付け  日本では土日祝日、高速道路が一律1000円というので先日帰国したさい、大いに活用した。  パーキング・エリア(PA)に何度か立ち寄ったのだが、その充実ぶりには、目を見張るばかりだった。 […]
  • 《ブラジル》11月のインフレ率はマイナス0・21%を記録=年間累積は+3・59%に2018年12月8日 《ブラジル》11月のインフレ率はマイナス0・21%を記録=年間累積は+3・59%に  ブラジル地理統計院(IBGE)は7日朝、11月の広範囲消費者物価指数(IPCA・政府の公式インフレ率)は、燃料価格や電気代の値下がりもあり、マイナス0・21%のデフレだった事を発表した。同日付各現地サイトが報じている。  単月度のインフレ率がこれほど低く出たのは、マイナス0 […]
  • ブラジルの国際競争力が後退=原因は重税、金利、官僚、公費=後を見て走るランナー2007年11月2日 ブラジルの国際競争力が後退=原因は重税、金利、官僚、公費=後を見て走るランナー ニッケイ新聞 2007年11月02日付け  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙十一月一日】世界経済フォーラムは三十一日、ブラジルの国際競争力が一三一カ国の中で六六位から七二位へ後退したとする報告書を発表した。 […]