ホーム | Free | 16日、恒例のルーテルバザー=「お得に買っておいしく食べて」

16日、恒例のルーテルバザー=「お得に買っておいしく食べて」

来社したみなさん

来社したみなさん

 サンパウロ日系福音ルーテル教会(徳弘浩隆牧師)が16日午前10時から、同教会(Rua Pandia Calogeras, 54, Liberdade)でバザーを開く。午後3時まで。
 日本から寄せられた新古衣料、古本、雑貨、アクセサリー等の掘り出し物がたくさん。古着は男女向け両方を取り揃えている。中古ながら質が良く、仲買人も買いに来るほどだという。
 食堂では焼き蕎麦、カレー、弁当、焼き魚、ドーナツ、いちご大福、ところてん、様々なお手製の食品が販売される。揚げたてコロッケ(冷凍もあり)は特に好評で毎回売切れだという。
 収益は、日系慈善団体に寄付するほか、同協会の運営維持費に充てられる。例えば、来年4月から徳弘牧師の後任を務めるルイス・メロさんがファベーラの子供向けにピアノやオルガンなどを教えていて、その経費として使われる。
 来社した徳弘牧師、メロさん、金谷(かなたに)弘子さん、仲林ソーニャさんは「買い物も食事も楽しめます。気楽にいらしてください」と呼びかけた。
 問合せは、同教会(11・2305・7088)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ