ホーム | ブラジル国内ニュース | エルゾーギの展示会開催=軍政時代の反骨のジャーナリスト

エルゾーギの展示会開催=軍政時代の反骨のジャーナリスト

 現在、サンパウロ市で、軍事政権期に軍政と戦った代表的なジャーナリストで、今日まで伝説化しているヴラジミール・エルゾーギの展示会が行われている。
 エルゾーギは、軍事政権時代に、映画監督や劇作家、テレビ・ディレクターなどで活躍。その一方でブラジル共産党の党員として、政治的活動も行っていた。
 だが、テレビ局「クウツラル」のディレクターだった1975年10月24日、サンパウロの陸軍秘密警察に逮捕され、翌25日に刑務所内で死亡した。
 この死は当初、「エルゾーギが刑務所内で首を吊って自殺した」と報告された。だが、「拷問された」との証言が残っていたことから、この発表は長い間、疑問視され、国民の間で真の死因を明かすよう求める声が強まった。
 そして、その死から37年が経過した2012年に、エルゾーギの死は拷問死であったことが真相究明委員会によって認定された。
 この間、エルゾーギが首を吊って亡くなった写真は、軍事政権時代の政治犯の象徴として語り告がれることになった。
 現在では、ジャーナリストの研究機関として「ヴラジミール・エルゾーギ研究所」、ジャーナリストの賞として「ヴラジミール・エルゾーギ賞」も設けられ、その名を後世に残し続けている。
 今回、サンパウロ市最大の繁華街パウリスタ大通りにあるイタウ・クウツラルで行われている展示会では、エルゾーギや彼の家族の写真や、彼に関する新聞記事、彼がかかわった映像作品などが紹介されている。
 展示会は10月20日まで行われる。イタウ・クウツラルは月曜休館で、火曜から金曜の開館時間は9時~20時、土曜、日曜、休日は11~20時で、入場は無料。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]