ホーム | 日系社会ニュース | 盆踊りボックス2021=ゴイアス州対面テストイベント

盆踊りボックス2021=ゴイアス州対面テストイベント

盆踊りボックス2021ポスター

盆踊りボックス2021ポスター

 ゴイアス州の対面イベントの公式テストとして、28日(土)20時から「盆踊りボックス2021」が、ゴイアス日伯文化協会(ANBG、原田ルイス会長)と在ブラジル日本国大使館(山田彰特命全権大使)、ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)によって共催される。
 ゴイアス州で初めてのテストイベントで、約1千人が参加する。成功すれば同州での対面イベントに道が開かれる。会場への入場チケットの販売や一般開放はされず、招待客のみとなる。
 オンラインと対面の両面で実施するハイブリッド型のイベントとなる。対面イベントをゴイアニア市で開催し、日本国大使館のユーチューブ上でイベントの様子を配信する予定。
 「団結・希望・克服」をテーマに、日本移民や日系ブラジル人協会の設立などコロニアの団結を祝うショーも行われる。文協のコーディネートで伯国各地から数十の日系団体の協力を得て、ANBGのダンス、和太鼓の演奏、幽玄グループの歌手と共にショーも行われる。
 山田大使も同祭の開会式挨拶で出席する予定。日本大使館から他多数のコンテンツを用意している。ライブ視聴者は日本の観光を紹介、文部科学省の奨学金(MEXT)情報、日本語に関するビデオなどが視聴できるという。
 来場者は最大6人までの隔離ボックス内からイベントに参加するという厳重な感染予防対策を施し、イベント後の14日間はモニタリングを行って、ゴイアニア市役所やゴイアス州に報告書を提出して、対面イベント再開への評価を行うというもの。実験はゴイアス連邦大学との共同で行われる。
 祭りの中継は在ブラジル日本国大使館のユーチューブチャンネルにライブ配信枠が開設されている(https://www.youtube.com/watch?v=XCoISAk5354)

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2011年3月25日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年3月25日付け  弊紙編集部は色んな人が出入りするので、なかなかに賑やかだ。  イベントや出来事を伝えに当事者が訪問する来社システムがその理由。 […]
  • 2014年8月19日 ■ひとマチ点描■南麻州のコロニア記者 パルミール・クレヴェルソン・フランコさん(51)  沖縄から訪れた慶祝団に随行取材し、シャッターを切り、メモを取る。褐色の肌に短髪黒髪のパルミールさんは、地元出身の非日系ブラジル人。 元はカンポ・グランデ日伯体育文化協会の月刊機関紙「Tomodachi」の記者だった。しばらくボランティアで働いたが、移民百周年があった200 […]
  • 移民は「海を越えた」のでは?2015年1月16日 移民は「海を越えた」のでは?  国際政治学者の高坂正堯は「イギリスは海洋国であったが、日本は島国であった」と論文に書き、地理的には島なのに英国は外に開かれ、日本は鎖国していると論じた▼昨年11月27日付週刊「新潮」の連載「世界史を創ったビジネスモデル」によれば、大航海時代にイングランドの王族らは海賊ドレ […]
  • ベテラン世界卓球 50カ国 参加=日系、日本人の活躍めだつ2008年6月14日 ベテラン世界卓球 50カ国 参加=日系、日本人の活躍めだつ ニッケイ新聞 2008年6月14日付け […]
  • 45人が和気あいあい=マ・ゴルフ親善大会=イビウーナ、ピエダーデ共催で2011年8月31日 45人が和気あいあい=マ・ゴルフ親善大会=イビウーナ、ピエダーデ共催で ニッケイ新聞 2011年8月31日付け  イビウーナ文協、ピエダーデ文協のマレットゴルフ部(順に末次文明部長、川上哲司部長)共催の親善大会が、イビウーナ市郊外のマレットゴルフ発祥の地「フルヤ公園」のゴルフ場で6日に開かれ、45人が参加した。 […]