ホーム | 日系社会ニュース | 山田大使=「東京五輪開催は克服の証」=四世ビザ緩和は当分難しい

山田大使=「東京五輪開催は克服の証」=四世ビザ緩和は当分難しい

山田大使

山田大使

 山田彰特命全権大使は8月13日に来社し、東京五輪や日本の現状について語った。まず東京五輪2020について「最大の功績は『克服』。コロナ禍で多くの課題があったが、日本の団結力と努力で『克服』し無事開催されたこと。それが今回の五輪の象徴と考えています」と総括した。
 さらに「東京五輪で世界中の選手やメディア、観光客を受け入れ競技だけでなく人的・文化的な交流を行うことを日本は夢見ていましたが、コロナ禍で無観客試合が中心で選手も選手村内での生活が基本になりました。ですが、この五輪委員会に関わる人が努力したことで実現した。その結果、オリンピックは大きな事故無く終えることができた。また、テレビの前での観戦していた人もオリンピックが無事開催されたことに感動した日本人は多いと思います」と開催を称えた。
 加えて、「開催前には批判も多くありましたが、オリンピック終了後は国民の65%が『開催してよかった』と感じています。同時に、IOCや選手、海外メディアから開催に対する称賛の声をたくさんいただいています。続いて開催されるパラリンピックも日本に取って重要なイベントになるでしょう」と述べた。
 一方で、7月中旬から日本で急増したコロナ感染者数について「日本は第5波が到来し、感染対策やワクチンなどの徹底が必要です。ただし世界的にみると日本はまだ少ない。これ以上増えることが無いように願っています」と注意喚起した。
 かねてから言及されている四世ビザの条件緩和については、日本政府は日本語能力試験N4を取得要件としていたが、最も基本的なレベルのN5以上に今年緩和した件に関し、「日本語能力試験以外にも取得の壁があることは認知しています。その部分も将来的に緩和される可能性もあります。ただ、現在はパンデミックで人的交流や国の横断は制限されているので、当分は難しいと思います」と理解を求めた。
 最後に「パンデミックはもう少し我慢しないといけません。ブラジルも日本もワクチン接種が日々進んでおり、状況は改善されています。引き続き皆で頑張りましょう」と呼びかけた。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 上院=教育への投資53%削減=大統領の公約を大幅修正2013年7月31日 上院=教育への投資53%削減=大統領の公約を大幅修正 ニッケイ新聞 2013年7月6日  ジウマ大統領が公約した石油生産に伴うロイヤルティを100%(岩塩層下の石油では50%)教育に投資するという案は、下院審議で75%を教育、25%を医療関係に投資と修正されていたが、2日夜の上院はその投資額を更に62%削減した。5日付エスタード紙 […]
  • ヤクルト球場で忘年会=長崎県人会2007年11月24日 ヤクルト球場で忘年会=長崎県人会 ニッケイ新聞 2007年11月24日付け […]
  • 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で2021年3月3日 《ブラジル》GMが600人をレイオフ=部品不足による生産停止で  自動車メーカーのゼネラルモータース(GM)が1日、サンパウロ州ヴァレ・ド・パライバにある工場での生産活動を2カ月間停止する事と、従業員600人をレイオフとする事を決めたと2日付現地紙が報じた。  GMが生産活動停止を決めたのは、電気系統を中心とする部品の供給不足が原因だ。新 […]
  • なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか2018年10月12日 なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか  大統領選はジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)という、世界中が「危険」と目する極右候補と、汚職で凋落したかつての長期政権の再挑戦という対決になっていることは本紙でも何度も報じていることだ。だが、今回ここではあえて、こ […]
  • 日伯関係に第3の波=商議所=サアジBAND社長が講演=「日系社会という大木ある」2009年8月26日 日伯関係に第3の波=商議所=サアジBAND社長が講演=「日系社会という大木ある」 ニッケイ新聞 2009年8月26日付け  ブラジル日本商工会議所(田中信会頭)の八月度定例昼食会が十四日、サンパウロ市のインターコンチネンタル・ホテルで行なわれ、今月は大手放送企業バンデイランテス・グループ(Grupo […]