ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8月30日、サンパウロ市西部ラッパで「ノッサ・セニョーラ・ダ・ラッパ教会」のパウロ・フランシスコ・サンターナ・リベイロ神父(75)が、自宅で遺体となって発見された。遺体はベッドの上にあったが、周囲には血痕らしきものが残っており、何者かによって殺害された可能性が強いとみられている。遺体は腐食が進んでおり、死後数日経っていたようだ。遺体が発見されたのは、29日に予定されていた教会のミサにリベイロ神父が姿を現さなかったことで、関係者が携帯電話で連絡をとろうとしてもつながらなかった。そのため不審に思った関係者がサンパウロ大司教区のオジリオ・シェレル司教の許可を得て自宅に赴いたところ、神父の死が判明した。死因は現在、警察が捜査中。かなり謎めいた部分が多いだけに、気になるところだ。
     ◎
 今夜、サッカーW杯の南米予選のブラジル対チリ戦が敵地で行われる。セレソンは今回、イングランドのプレミア・リーグがデルタ株の影響で所属の選手を国外に出す許可を出さなかったため、急遽、選手9人を入れ替えるはめとなった。とりわけ、ゴールキーパーとフォワードは同リーグ所属者が多く、ダメージは大きい。チッチ監督にとっては頭の痛いところだが、こういうときにこそ、代替召集された伏兵選手の活躍に期待したいところ。5日はサンパウロで対アルゼンチン戦、9日にレシフェで対ペルー戦。
     ◎
 60年代のアイドル・ブーム、「ジョーヴェン・グアルダ」の時代にロベルト・カルロスと幾多の共演を行ったことで知られ、国内最古参のロック歌手のエラズモ・カルロスが、8月31日にコロナ感染症で入院した。エラズモはワクチン接種をすでに2度終えていたが、感染してしまった。80歳と高齢なのも気になるが、全快を祈りたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 仏作って魂入れず?=法はあっても守らぬブラジル=遵守といわれ慌てる人も2008年8月21日 仏作って魂入れず?=法はあっても守らぬブラジル=遵守といわれ慌てる人も ニッケイ新聞 2008年8月21日付け  何事も交渉が結構通用するジェイチーニョのブラジルだが、既存法遵守のための法令厳格化で慌てたり、取締りの必要性を窺わせる報が続いている。 […]
  • 《ブラジル》ニュースサイト「カトラカ・リーヴリ」創立者ジメンスタイン氏死去2020年5月30日 《ブラジル》ニュースサイト「カトラカ・リーヴリ」創立者ジメンスタイン氏死去  ブラジルを代表するジャーナリストのひとりで、ニュースサイト「カトラカ・リーヴリ」(https://catracalivre.com.br/)の主宰者ジルベルト・ジメンスタイン氏が29日朝、膵臓がんのために63歳で亡くなった。29日付現地サイトが報じている。  ジメン […]
  • ペデレイラ文協日語学校=11日に創立60周年式典2012年10月31日 ペデレイラ文協日語学校=11日に創立60周年式典 ニッケイ新聞 2012年10月31日付け  マウア市のペデレイラ日伯文化協会(永山喜代司会長)と日語学校の創立60周年、青年部(村上広敏部長)発足50周年を祝う記念式典と祝賀会が11月11日正午から、同文協会館(Rua Dr. […]
  • 浸水家屋が価額下落=乾期に入れば値上がりか2010年2月6日 浸水家屋が価額下落=乾期に入れば値上がりか ニッケイ新聞 2010年2月6日付け  不動産業協会(Creci)は3日、降雨で浸水する地域の不動産がサンパウロ市の中心街を除く全域にわたって暴落していると発表したことを4日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 地滑りで4人死亡=集中豪雨に低気圧加わる2006年12月15日 地滑りで4人死亡=集中豪雨に低気圧加わる 2006年12月15日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙十四日】各所で集中豪雨による被害が続出している中で、エスピリト・サント州とミナス・ジェライス州で計四人が地滑りの下敷となり死亡した。 […]