ホーム | 日系社会ニュース | 中前駐アルゼンチン大使の着任祝いに=リベルダーデ友好会が訪亜

中前駐アルゼンチン大使の着任祝いに=リベルダーデ友好会が訪亜

中前大使の着任を祝うリベルダーデ友好会の一行(中央左最後方が中前大使、リベルダーデ友好会提供)

 リベルダーデ友好会(平崎靖之会長)は、中前隆博氏の在アルゼンチン日本国特命全権大使着任を祝うため、8日にアルゼンチン首都ブエノスアイレスの大使公邸を訪問した。
 アルゼンチンへの訪問団は14人で、そのうち平崎会長、本橋幹久さん、石井ケルソンさんが報告に来社した。
 中前大使は8月31日に着任。前在サンパウロ日本国総領事で、その時代にはジャパン・ハウス立ち上げに携わった。
 本橋さんは「中前大使は総領事時代、日系社会のことをよく気にかけてくださった」と振り返った。平崎会長は「今回も私たちを快く迎えてくださり、夕食とタンゴ鑑賞を楽しみました」と笑顔で語った。
 リベルダーデ友好会はリベルダーデ区を中心とする日系団体関係者、日系人企業家の親睦を目的とした会。


□関連コラム□大耳小耳

 中前隆博駐アルゼンチン大使は在サンパウロ総領事時代に、礼儀正しいふるまいと気さくな人柄から日系社会でも親しまれた。当時、立ち上げの最中だったジャパン・ハウスの場所を巡り、現在のパウリスタ大通り沿いに置くとする外務省に対し、日系社会では「日系社会の中心であるリベルダーデに」との意見も強かった。ブラジル鳥取県人会会長やブラジル日本都道府県人会連合会会長を務めた本橋幹久さんによれば、中前大使は当時、県連の代表者会議に繰り返し訪れ、丁寧に政府の意図を説明したという。今後は中前大使の手腕と人柄で、日亜の外交関係はもちろん、日系社会も盛り上げてほしいところか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年2020年11月13日 特集=文協とCIATE共催=「在日ブラジル人30周年」ライブ=日伯の人的交流を底支え=両国で活躍する新世代紹介=文協65周年、外交125周年  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)のネットワーク・プロジェクト委員会と国外就労情報援護センター(CIATE、二宮正人理事長)が11月6日、7日、8日に「在日ブラジル人30周年」を記念し、日本での就労や教育、帰伯後のことなど、様々なテーマに焦点を当てたディスカッションを […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]
  • 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加2020年11月4日 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加  新型コロナウイルスのパンデミックの中、ブラジル国内では1~8月のワインの販売量が大幅に増えた。「国産高級ワイン」の販売量も増大しており、国内のワイン生産者達は新しい消費者をつなぎ止めようと、国産ワインの売り込みに力を入れている。  ブラジルでの「ワイン」の販売が伸び […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]