ホーム | 文芸 | 連載小説 | キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水 産専門家 野澤 弘司 | キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (18)

キノコ雑考=ブラジルに於けるキノコ栽培の史実とその背景=元JAIDO及びJICA 農水産専門家 野澤 弘司 (18)

露地栽培のアガリクスを収穫する農夫と野澤

露地栽培のアガリクスを収穫する農夫と野澤

4)古本はキノコの同定に奔走し、ハイネマンより Agaricus blazei murrillとの同定を得た。
5)古本は1972年、アガリクスの人工栽培を世界で初めて成功させた。
6)これよりアガリクスの多岐に及ぶ薬理効果が認証され、天然原料の抗癌剤と生活習慣病の特効サプリメントとして、年商600億円に及ぶ経済効果をもたらす商材の礎を創成した。
*)1965年;古本は菌類図鑑でも検索できないこのキノコの分類学上の所属と名称を知るべく同定を如何にすべきか私に尋ねた。私は往時の移民船が横浜を出港する間際に、上司から餞別代わりに頂き現在に至るも私の蔵書である、キノコの専門書「食用菌譚類とその培養」の著者、岩出亥之助が最高の権威者と思い込み推奨した。
 古本も意中の人だったので岩出研究所とアルゼンチンのブエノスアイレス大学に、名も無いキノコの同定を依頼すべく送付した。
*)アガリクスの呼称;古本はアガリクスのルーツを知らないので、自分が最初に出会った地名に因んで”ピエダーデ“と呼称したが、その他に”アガリクス”や“太陽のキノコ”、日本では“カワリハラタケ“や”姫松茸“として名称は錯綜した。
*)アガリクスは近未来に、往時の栽培と流通の最盛期が再来する兆候は多分に推測される。此れより発見経緯、同定経緯、命名経緯(学名、一般呼称、商品名)その他の関連事項につき相互の情報不備や恣意的、意図的な作為で錯綜しているので、不明瞭な事項等は個々に克明に調査し、当事者間での納得のいく同意を伴う史実の校閲が必要である。
*)1967年;名も無いキノコの同定は岩出研究所では不可能だった。よって同研究所よりベルギーの植物学者ハイネマンに転送され、1969年にハラタケ科ハラタケ属Agaricus blazei murrillと同定された。即ち1944年、アメリカ、フロリダ州ゲンズビルに住む R. W. Blazei が偶然彼の庭先で見付けたキノコは、古本がピエダーデで遭遇した名も無いキノコと同種で、既に「Murrill」と命名されていた。

揺籃期;1972〜79年

 アガリクス人工栽培成功。
*)1972年;古本はタピライの農園サンタモニカでアガリクスの人工栽培に成功した。種菌の培地には小麦を、菌床堆肥は稲藁とバカソを主体とした畝状の菌床に植菌する「畝作」だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ホンジュラス=臨時政権が国際裁へ=ブラジルを内政干渉で訴える2009年10月30日 ホンジュラス=臨時政権が国際裁へ=ブラジルを内政干渉で訴える ニッケイ新聞 2009年10月30日付け  ホンジュラスの臨時政権は28日、ハーグ国際裁判所へブラジル政府が内政干渉を行い、セラヤ大統領にブラジル大使館の長期寄留を許したことで告訴と発表したことを29日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • コラム 樹海2007年1月17日 コラム 樹海 2007年1月17日付け […]
  • ■寄付■2007年3月20日 ■寄付■ 2007年3月20日付け  ジョン・ブランコ文協婦人部(天達まり子部長)は、十六日、さきに開催したバザーの収益の中から三百レアルを救済会に寄付した。 […]
  • ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す2018年6月2日 ギネス挑戦=「祖先へ感謝、未来に記録」=47県人会で世界記録目指す  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が主催する『第21回日本祭り』の目玉企画の一つ、ギネス記録の企画を進めるギネスチームが先月21日に記者会見を行い、参加する県人会や団体に感謝を述べた。  ギネス挑戦は7月21日に日本祭り会場2階で行われ、午前7時から正午 […]
  • コリンチャンス105周年=サンパウロ市に点在する〃ゆかり〃のスポット案内2015年9月2日 コリンチャンス105周年=サンパウロ市に点在する〃ゆかり〃のスポット案内  2015年9月1日、サンパウロ市に本拠を置くサッカークラブ、コリンチャンスが創設105周年を迎えた。 サンパウロのボン・レチーロ地区に、労働社階級の人々が中心となって設立したコリンチャンスは、100年を超えるその歴史の中で幾多の栄光の瞬間を勝ち取り、ブラジルに留まらず、世界中 […]