ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》独立記念日翌日にドル高進行、株価3・78%下落=支持者が最高裁や保健省侵入企て

《ブラジル》独立記念日翌日にドル高進行、株価3・78%下落=支持者が最高裁や保健省侵入企て

前日の大統領発言などの影響で株価は3・78%マイナス

 独立記念日にボルソナロ大統領が行った最高裁への口撃などで政界が再び不安定になり、8日の市場でドル高進行と株価3・78%下落が起きた。また、大統領支持者による最高裁や保健省への侵入未遂が起こるなど、翌日もまだ混乱が続いている。8日付現地サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ