ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》JL作戦被告人「コスタリカ事業の贈収賄は嘘」=ルーラ疑惑での虚偽証言認める

《ブラジル》JL作戦被告人「コスタリカ事業の贈収賄は嘘」=ルーラ疑惑での虚偽証言認める

レオ・ピニェイロ氏(Twitter)

 建設大手OAS社元社長のレオ・ピニェイロ氏が今年5月に、ルーラ元大統領(労働者党・PT)の疑惑の一部の件に関し、虚偽証言を行っていたことを認める手紙を直筆で書いていたことが明らかになった。15日付現地紙が報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ