ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ホテルは裏口、入店断られ街頭でピザ=ワクチン未接種の大統領NY入りで

《ブラジル》ホテルは裏口、入店断られ街頭でピザ=ワクチン未接種の大統領NY入りで

街頭でピザを食べる訪米団の一行(Reprodução/Instagram)

 21日からの国連総会に出席するため、19日にニューヨーク入りしたボルソナロ大統領とその一行は、ホテルの前に集まった集団から抗議を受けるのを避けるため、裏口から入った上、軽食をとりに出た際もワクチン未接種で入店できないため、訪米団の大半が一緒に街頭で立ってピザを食べたと20日付G1サイトなどが報じた。
 ボルソナロ氏が未接種である事は国際的にも知られており、G20首脳の中で未接種のまま国連総会に来たのはボルソナロ氏だけと報じられた上、ニューヨーク市長からも「ワクチン接種を受けたくないのなら、国連総会にも来る必要がないのに」と言われるなど散々だ。
 同市ではホテルやレストランでも接種証明書の提示が必要だが、ボルソナロ氏は証明書を持たないため、ホテルは裏口から入り、朝食はブラジル訪米団だけ、別の一角でといった特別扱いを受けている。

 冒頭で触れたピザ店でも接種証明がなくて入店できなかったのだが、大統領と閣僚級の同伴者らは、「大統領はシンプルなスタイルが好きだから、街頭で立って食べている」などと言って、「入店できないから外で食べている」と言うのを避けた。
 大統領との良好な関係が噂される連邦貯蓄銀行(CAIXA)のペドロ・ギマリャンエス頭取の姿はあったが、ゲデス経済相は街頭にはいなかったようだ。
 ただし、20日に二国間会談を行った英国のボーリス・ジョンソン首相はいやな顔も見せず、マスクを外しての会談に応じた。この会談では、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)が担当する事になっている、オックスフォードワクチンの有効成分の国内生産などが議題とされた。

★2021年7月31日《ブラジル》ボルソナロ「不正投票の証拠見せる!」=大見得切って「証拠なし」ただのネット情報羅列=政治家から抗議の嵐
★2021年7月23日《ブラジル》ユーチューブがボルソナロ14動画を削除=クロロキンに関する虚報が理由
★2021年6月19日《ブラジル》ボルソナロ「集団感染はワクチンより効く」=ライブで問題発言連発=コロナ死者50万人目前に

image_print

こちらの記事もどうぞ