ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ「集団感染はワクチンより効く」=ライブで問題発言連発=コロナ死者50万人目前に

《ブラジル》ボルソナロ「集団感染はワクチンより効く」=ライブで問題発言連発=コロナ死者50万人目前に

17日の大統領生放送(facebook)

 ボルソナロ大統領は17日、「コロナに感染する方がワクチンより効果的」との発言を行い、問題となった。証拠をあげることなく「2014年の大統領選ではアエシオ・ネーヴェス氏が勝っていた」との発言も行い、自身の主張する選挙の投票結果印刷付き電子投票を強調した。18日付現地紙が報じている。
 ボルソナロ大統領は17日夜、毎週木曜恒例のネット生放送で、「コロナに感染した人はワクチン接種を受けた場合よりも強い免疫力が得られる」との持論を展開した。
 これは、大統領がかねてから主張する「自然感染による集団免疫」説を後押しし、本人がワクチン接種を受けないことを正当化するものだ。大統領は昨年7月に新型コロナに感染している。
 大統領の持論は、上院の議会調査委員会(CPI)でも槍玉にあげられており、今回の発言後も、大統領の見解に反する見解を表明する専門家が相次いだ。
 ブラジルではすでに、正式に確認された人だけで1700万人以上の感染者がおり、週明け早々にも死者50万人超えが確実視されている。
 そんな中で「自然感染による集団免疫が予防接種より有効」との考えが社会的に受け入れられるのは極めて困難だ。またアマゾナス州マナウス市などでのように、一度感染した人が2度目の感染を起こしたケースも相当数確認されている。
 英国アストラ・ゼネカ社のワクチンをブラジルで管轄するオズワルド・クルス財団(Fiocruz)のクラウジオ・マイエロビッチ医師も、11日のCPIでの証言で、「自然感染によって集団免疫を得て、感染終息を待つという考えは、死者を増やすだけで、社会そのものを脆弱にしてしまう」として、その危険性について語っている。

 ボルソナロ大統領はこの数カ月、全国向けのテレビ演説では「ブラジルをワクチン大国にする」などとワクチン接種に積極的な発言をしておきながら、「否定論者」の多い自身の支持者たちが多く集まるところでは「マスクの着用は不要」などの発言を繰り返している。
 15日にコロナバックに関して「効用が科学的に証明されていない」などと発言。同ワクチンが国家衛生監督庁(ANVISA)の緊急使用の審査を通過したものであることを無視して、批判を続けている。
 ボルソナロ氏は同じライブの中でさらに、2014年に行われた大統領選の決選投票では、アエシオ・ネーヴェス氏(民主社会党・PSDB)がジウマ氏(労働者党・PT)に勝っていた」との持論を語り、さらに「18年の大統領選も私が1次投票で勝っていた」とまくし立てた。
 2014年の選挙に関しては、アエシオ氏がジウマ氏側の不正を疑い、選挙高裁に訴えを起こしているが、7年を経た現在も不正は見つかっていない。18年の大統領選でも、ボルソナロ氏が主張するような不正は証明されていない。
 ボルソナロ氏は、投票結果印刷付き電子投票に変えるように求め、選挙高裁の反発を受けているが、下院では「現在の電子投票を補完する投票システム」として法案の準備に入っている。
 ボルソナロ氏は一方で、フェイクニュースを拡散した人物のネット上での発言の削除は、ツイッターやユーチューブなどの運営企業の独断ではなく、司法判断によってのみ可能とする大統領令を出そうとしている。

★2021年6月15日《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう

★2021年6月12日《ブラジル》第3波への恐れの中、ボルソナロ「接種済んだらマスク不要」で非難轟々=「いつまでマスクの囚人になっているのか!」とも=保健相は「検討中」と否定せず
★2021年5月25日《リオ》ボルソナロがバイク大行進デモ=1万人以上集まるマスクなし政治集会=第2波の真っ最中、翌日に死者45万人超えへ

image_print

こちらの記事もどうぞ