ホーム | 日系社会ニュース | 50年ぶりの祖国で〝浦島太郎〟(2)=サンパウロ市 広橋勝造=エレベーターで「うっうーん」合戦

50年ぶりの祖国で〝浦島太郎〟(2)=サンパウロ市 広橋勝造=エレベーターで「うっうーん」合戦

 デパートで買い物して大きな紙袋を提げ、ドアが閉まりそうなエレベーターに急いで駆け込んだ。
 エレベーターはかなり満員だったが、あと二、三人は入れそうだと判断し、友人と一緒に背中から入った。
 入った瞬間、エレベーターが「ピー」と鳴ったが、俺は「ドアが閉まるぞ」と背中で後ろに押した。だが、ドアは一向に閉まらない。
 後ろの日本人(俺だって日本人)が、俺の背中を遠慮がちに押し戻した。
 俺は「うっうーん」と言って、少し押し返した。友人は諦めて(?)エレベーターを出た。
 すると、エレベーターの中の全員が、俺の背に向かって「うっうーん」と言い出した。
 エレベーター内が急に変な雰囲気になり、いたたまれなくなって、俺は仕方なくエレベーターから出た。
 するとエレベーターのドアが「スーッ」と閉まり、俺を残して別の階に去った。「人種差別なのか?」と疑った。
友「あの“ピー”と鳴ったのは重量超過とか人員超過の信号だよ」
 ブラジルのエレベーターで「ピー」は聞いたことがない。日本では、ほんのちょっとの重量超過でお怒りか。ブラジルではいいのにな~。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 南阿に農地改革を=CPTの落胤MSTに学ぶ2008年6月18日 南阿に農地改革を=CPTの落胤MSTに学ぶ ニッケイ新聞 2008年6月18日付け  アフリカ司牧協会は七月、ブラジル司牧協会(CNBB)の一部会である農地解放運動(CPT)の構造視察で、グループを派遣する意向を表明した。グループは、MST(農地占拠運動)とも接触する予定のようだ。 […]
  • 大耳小耳2010年7月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年7月27日付け […]
  • 生長の家=今年も全国大会に2500人=家族と環境の重要さ再認識2017年9月9日 生長の家=今年も全国大会に2500人=家族と環境の重要さ再認識  生長の家ブラジル伝道本部(向芳夫理事長)は第31回全国大会(日語)を3日午前8時から、サンパウロ市のアニェンビー国際会議場で開催し、2500人収容の会場が満員になった。遠くは南麻州カンポ・グランデなど32支部から参加があり、開会式では支部旗で舞台が一杯になった。講師4 […]
  • 運営資金に協力を=希望の家が歌謡祭2004年11月6日 運営資金に協力を=希望の家が歌謡祭 11月6日(土) […]
  • ドル高レアル安進む=1ドル=3.7レアルも間近?=ブラジル企業の対外負債が増大2018年5月16日 ドル高レアル安進む=1ドル=3.7レアルも間近?=ブラジル企業の対外負債が増大  【既報関連】米国での利上げ期待感や、ブラジルの選挙リスクによるドル高レアル安が進み、ブラジル企業の抱える外貨建て債務が1カ月あまりで1150億レアルも増大したと、14日付現地紙が報じた。  外貨建て債務の額面自体が増えたわけではないが、ドル高レアル安のせいでブラジル […]