ホーム | Free | 特集=第45回アルジャー・ゴルフ大会=参加者196人がプレー!=女子の部はマリーナ優勝=男子の部はルッカス優勝

特集=第45回アルジャー・ゴルフ大会=参加者196人がプレー!=女子の部はマリーナ優勝=男子の部はルッカス優勝

女子の部で優勝したマリーナ

 アルジャー・ゴルフ・クラブ(小川ジョージ会長)とニッケイ新聞社(高木ラウル社長)の共催で『第45回アルジャー・ゴルフ大会ホンダ・オープン2021』が17、18、19日、アルジャー市にある同ゴルフ場で開かれた。コロナ禍が収まりつつある中、196人が参加し、3日間で女子の部では54ホールを238打で回ったマリーナ・ナミエ・ノナカが優勝、男子の部は54ホールを225打でルッカス・J・H・パークが優勝カップを手にした。(敬称略)

 パウリスタ・ゴルフ連盟のアデミール・マゾン会長は、今大会で優勝したルッカス・パーク(パラダイス・ゴルフ・クラブ所属)とマリーナ・ノナカ(無所属、家で練習)について「2人はこの大会で歴史的な業績をあげた」と称賛した。
 ルッカスは2016、17年に続きこれで3回目の優勝、向かうところ敵なしだ。18、19年には米国に滞在しており、20年にはコロナ禍のため大会は開催されなかった。
 一方、マリーナは所属するクラブはなく、家で自己流の練習を続け、ゴルフ歴16年で、世界アマチュア・ゴルフ・ランキング入りするまでに成長した。

男子の部で優勝したルッカス(右)

 アルジャー・ゴルフ・クラブの小川ジョージ会長、沼田マリオ副会長(ブラジル日系ゴルフ連盟会長)、パウリスタ・ゴルフ連盟のマゾン会長が実行委員を務め、アルジャー市のルイス・カマルゴ市長が組織委員長を務めて実現した。
 キャプテンはアマーロ・コンノとエリザベッチ・タツミが務めた。
 最終日19日は最低気温16度から最高気温32度にまで上がり、雲一つない晴天の下、参加者は久しぶりにゴルフクラブを振っていた。
 昨年は2月にコロナ禍のためアルジャー・ゴルフ・クラブは活動休止し、9月に活動再開し、11月に連邦、州、市が採るコロナ禍対策にのっとり『第44回アルジャー・ゴルフ大会ホンダ・オープン2020』を開催した。
 コロナ対策で社会的距離に配慮して、早朝6時10分に第一グループが出発した。試合は夕暮れになって終り、優勝カップ授賞式は寒風の吹く夜になって行われた。
 授賞式にはアルジャー市のルイス・カマルゴ市長、ホンダ・ブラジル社のミズカミ・オタビオ副社長が貴賓席に座り、入賞者を祝った。
 パウリスタ・ゴルフ連盟(FPG)のマウロ・バチスタ専務理事は「オタービオ・ミジカミが副社長を務めるホンダは毎年、豪華な賞品を出して、大会を盛り上げてくれている最大の貢献社だ」と感謝した。
 マゾン連盟会長は「ゴルフ競技者の質、量(出場者数)ともに十分で、申し分ない大会であった。特に、若い女性プレーヤーが参加してくれていることがうれしい」と実行委員会を高く評価した。
 アルジャー・ゴルフ・クラブでは他民族も会員として受け入れているが「もっと日系人に会員になってほしい」と小川会長は呼び掛けている。

【入賞者名簿】

男子スクラッチ
1 Rucas J.H. Park Paradise Golfe Clube 225
2 Homero de Toledo Alphaville Graciosa Clube 229
3 Matheus J.H. Park Paradise Golfe Clube 232

女子スクラッチ
1 Marina Namie Nonaka AGC 238
2 Angelica Dos Ouros AGC 249
3 Jessica Mellace Paradise Golfe Clube 256

男子インデックス até 8.5
1 João Pedro Bosselto AGC 218
2 Rogerio Cardoso Damha Golf Club 222
3 Marcos Okumura AGC 224

男子インデックス8.6 a 14.0
1 Kyu Hwang Jung AGC 138
2 Leandro Augusto Metzner AGC 139
3 Cassio Filizola Clube de Campo de SP 141

男子インデックス14.1 a 19.4
1 Denis Song Clube de Golf de Campinas 141
2 Wilson Igawa AGC 141
3 Célio Massao Kanesaki SGC 142

女子インデックス Até 16.0
1 Maria Eduarda Ferras Souza AGC 209
2 Kyoug Aie Kim Clube de Golfe de Campinas 211
3 Jessica Mellace Paradice Golfe Clube 214

女子インデックス 16.1 a 25.5
1 Helena Assakawa AGC 132
2 In Ja Han AGC 143
3 Teresa Akamine AGC 145


厳しい戦いになった男子の部

【最優勝候補のルッカス】
 ルッカスは初日17日と18日は調子が出ず、17ホールのグリーンで4パットなどのミスを犯している。最終日の19日(日)は何とか調子を取り戻し、18ホール中9ホールでパー(規定打数)を記録した。全体では11ホールでパーを記録した。3日間54ホールをトータル225パット(77、76、72)で通過した。また5バディー(パーより1打少ないこと)を記録した。
【男子スクラッチ競技】
 ハンディーがゼロのスクラッチ・プレーヤーのスコアを見ると、アルファビーレ・グラシオーザ・クラブ(パラナ州)所属のホメーロ・デ・トレードが初日はトップに立ったが、2日目、最終日とも球が重く、2位に終わった。
 パラダイス・ゴルフ・クラブ所属のマテウス・パークは、優勝したルッカスの9歳年下の弟。出だしは好調だったが、後半勝負の粘りがなく、232(78、80、74)を打って3位にとどまった。
 続いてカンピーナス・ゴルフ・センターのフェルナンド・シルバが239(79、75、85)打で回り、アルジャー・ゴルフ・クラブのカルロス・モモセが239(87、75、77)で、同点。
 サンフェルナンド・ゴルフ・クラブのペドロ・ミヤタは242(83、82、76)打、ジョアン・ボセットも242(79、82、81)打で同点。
 北部ゴルフ連盟のエジニルソン・マッシャード・デ・リマは244(86、78、80)打でプレー、8位となった。
 ジャッピー・ゴルフ・クラブのマーリオ・ギザルベルテイは245(83、80、82)でエジニルソンに迫り、シニア優勝杯を手にした。
 パラダイス・ゴルフ・クラブで最年少ゴルファーのマルコス・パークは246(78、78、90)のスコアを出し10位。
 同じくダムハ・ゴルフ・クラブのロジェリオ・カルドーゾも246(798186)で回り、マルコスとともに男子スクラッチ10位となった。
【ハンディー8・5までの競技】
 ボセットが218(71、74、73)。ロジェーリオが222(71、73、78)。アルジャー・ゴルフ・クラブのマルコス・オクムラは224(79、71、74)だった。

ノナカ先頭に大健闘の女子の部

 女子ゴルフの部で優勝したマリーナ・ノナカはアマチュアゴルフ世界ランキング(WAGR)入りするために努力している。今大会では2回バーディーを出し238(79、83、76)で回った。現在、ブラジル・ランキング11位につけている。世界ランキング入りするためにはWAGRが認めるゴルフ競技大会で優勝する必要がある。マリーナは現在、WAGRが認めるすべての世界大会に出場している。
 2位はアンジェリカ・ドス・オウロス。初日は最悪のスコアだったが、トータル249(79、82、88)で回り、準優勝した。260
 パラダイス・ゴルフ・クラブのジェシカ・メラセは妊娠2カ月で、スコアが伸びず256(85、85、86)にとどまり、3位となった。
 4位のアルジャー・ゴルフ・クラブのサミレ・オリベイラが257(88、86、83)を出した。
 5位はカンピーナス・ゴルフ・クラブのキョング・アイエ・キム。259(86、87、86)をマークした。
 6位にはポルト・アレグレCCのマリア・ルイザ・ソアーレスがなり、スコアは260(88、84、88)だった。
【女子ゴルフ・ハンディーキャップ16まで】
 アルジャー・ゴルフ・クラブのマリア・エドゥアルダ・フェラス・ソウザは209を出し、1位に入賞した。
 キョングは211(70、71、70)で2位。ジェシカは214(71、71、72)で3位。
【女子ゴルフ・ハンディー16・1から25・7】
 18ホールを2回だけ回り、競技した。エレーナ・アサカワは132(67、65)で表彰台に。2位にはイン・ジャ・ハン、スコアは143(71、72)だった。3位はテレーザ・アカミネ、145(75、70)で回った。
 ほかに3人がプレーし、スコアは145をマークした。引き分けなしの規則があり、この3人はトロフィーを手にできなかった。
 カンピーナス・ゴルフ・クラブのリー・リアン・ミジカミ、145(75、70)。
 アルジャー・ゴルフ・クラブのテレジーニャ・ジアス、145(73、72)。アルジャー・ゴルフ・クラブのジュンコ・オームラ、145(71、74)。

通算11回目のホールインワン

ホールインワンを出したエリーザ・ミゾグチ

 エリーザ・ミゾグチが、アルジャー・ゴルフ場第2ホールで通算11回目となるホールインワンを出した。7番ウッドで168ヤードを飛ばし、見事に決めた。ホールインワン賞としてモーターバイク『ホンダ・エリート』を受賞した。
 今大会では、第2ホールと第16ホールに賞品がかけられていた。第16ホールには電気自動車ゴルフカート『Club Car』が賞品としてかけられていたが、誰も獲得できなかった。第16ホールには乗船券もかけられており、くじ引きでボセットが獲得した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 遺伝子組換えトウモロコシめぐる判断先送り2008年1月31日 遺伝子組換えトウモロコシめぐる判断先送り ニッケイ新聞 2008年1月31日付け  米国が遺伝子組換えで誕生した牛やその子孫の肉を食用とすることは問題ないと遺伝子組換え賛成の方向に動いたことは記憶に新しいが、ブラジル内では遺伝子組換え食品の安全については意見が別れている。 […]
  • 《ブラジル》大手食肉企業の品質不正疑惑=著名企業家のアビリオ・ジニス氏も告発2018年10月17日 《ブラジル》大手食肉企業の品質不正疑惑=著名企業家のアビリオ・ジニス氏も告発  パラナ州連警は15日、著名企業家のアビリオ・ジニス氏他42人、計43人をカルネ・フラッカ作戦関連捜査のトラパッサ作戦により、詐欺、犯罪組織形成、公私文書偽造罪、反公共保健罪で告発したと、15、16日付現地各紙・サイトが報じた。  ブラジル食肉大手企業のJBSやブラジ […]
  • 2008年7月22日 日本祭=今年も人気の食コーナー=各県ブースの売れ行きは ニッケイ新聞 2008年7月22日付け  約二十万人が訪れ、大盛況に終わった第十一回日本祭。来場者の胃袋を楽しませたのはなんといっても、各県人会が用意した郷土食。好天に恵まれ、今年は多くの県人会が好調な売上げ。来場者たちは、多くの郷土食を楽しんでいた。 […]
  • コラム 樹海2007年8月9日 コラム 樹海 2007年8月9日付け […]
  • 武田薬品が伯進出へ=サンパウロ市に来年販売子会社2009年12月3日 武田薬品が伯進出へ=サンパウロ市に来年販売子会社 ニッケイ新聞 2009年12月3日付け  日本の武田薬品工業株式会社は2日、来年サンパウロ市に販売子会社を設立すると発表した。同社としては今年1月以降で12カ国目の自社販売地域の拡大となる。 […]