ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》フォーリャ紙スクープ=最高裁に極右サイト内通者?=軍部の影響や憶測を伝える=アラン氏の通話記録で判明=本人疑惑否定、STFを批判

《ブラジル》フォーリャ紙スクープ=最高裁に極右サイト内通者?=軍部の影響や憶測を伝える=アラン氏の通話記録で判明=本人疑惑否定、STFを批判

アラン氏(Twitter)

 ボルソナロ大統領派の極右サイト「テルサ・リーヴリ」主宰のジャーナリスト、アラン・ドス・サントス氏が最高裁のリカルド・レヴァンドウスキー判事の職員を内通者として使っていた疑惑が浮上した。6日付現地サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ