ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》公共交通機関利用時のマスク着用義務化=タクシー、Uberにも有効

《サンパウロ州》公共交通機関利用時のマスク着用義務化=タクシー、Uberにも有効

サンパウロ州内、公共交通機関利用時のマスク着用義務化を発表するドリア知事(Governo do Estado de São Paulo)

 新型コロナウイルスによる死者が5千人を超え、中国を上回ったブラジル。ブラジルの26州とブラジリア連邦直轄区の中でも、サンパウロ州が州別で感染者数、死者数共に最も多い。
 そんなサンパウロ州では、30日に公共交通機関やタクシー、Uberなどの配車アプリタクシーの中でのマスク使用が義務付けられる州条例が署名される。マスクは布製でも構わない。
 この条例はサンパウロ州内全域で有効で、当然サンパウロ市でも有効だが、サンパウロ市は市条例としても、公共交通機関内でのマスク使用を義務付ける。
 州条例は3連休を挟んで週明けの5月4日から有効だ。サンパウロ市の地下鉄や、都電(CPTM)、都市間バスの車内でのマスク着用が義務づけられる。サンパウロ州のジョアン・ドリア知事によると、この条例はUberやタクシー車内でも有効だ。運転手も乗客もマスクをしなくてはならない。サンパウロ市では、市内バスでも着用義務が生じる。
 サンパウロ州では3月下旬から、既に1カ月以上、外出自粛令が出ているが、コロナの感染者、死者が一向に減らない。州政府はマスク着用義務化を、感染拡大抑制につなげたい意向だ。
 「公共交通機関の運行会社は、州や市の職員により査察を受ける。公営機関であろうと、私営機関であろうと、違反が発覚した場合は警告処分となるが、警告後は罰金も科す」とドリア知事が述べた。ブルーノ・コーヴァス市長が出したサンパウロ市条例では、罰金は最大で1日あたり3300レアルに達する。交通機関の運転手には、利用客がマスクを着けていない時は、乗車または走行を拒否する権限が与えられる。
 ドリア知事は、5月1日にサンパウロ市内のイビラプエラ公園周辺のスポーツ施設敷地内に、パカエンブー、アニェンビーに続く第3の臨時病院をオープンさせることも発表した。この病院の病床数は268床で、これまでに開業した二つの病院と合わせると、病床数は2268床になる。ドリア知事はまた、5億5千万レアルを投じ、2種類の人工呼吸器、計3千台を中国から購入したことも明らかにした。これらの機器は随時、州内の公立病院に配られる。(29日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も2020年10月20日 《ブラジル》貿易収支=3週間で32億ドルの黒字=輸入減で品不足に悩む業界も  経済省が19日、10月第3週までの貿易収支は32・63億ドルの黒字だと発表した。  10月に入ってからの3週間の貿易額は、輸出が97・61億ドル、輸入64・99億ドルだ。経済省によると、第3週だけで6・82億ドルの黒字が出たという。  営業日1日あたりの貿易額は、 […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ2020年10月20日 《ブラジル》コロナワクチン義務化めぐり意見対立=サンパウロ州知事牽制するボルソナロ  新型コロナウイルスに対するワクチン接種をめぐり、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事とボルソナロ大統領とが、「義務化するか否か」について、全く異なる主張をし合っていると、19日付現地サイトが報じている。  事の発端は16日、ドリア知事がコロナのワクチンに関して「医者に処方禁止 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 《ブラジル》コロナワクチン=中国製除外は政治的な思惑?=保健省が来年4月からの接種発表2020年10月17日 《ブラジル》コロナワクチン=中国製除外は政治的な思惑?=保健省が来年4月からの接種発表  ブラジル保健省は14日、来年4月から新型コロナウイルス感染症に対する予防接種を開始と発表した。ところが、同省が対象とする予防接種ワクチンはオックスフォード大学が開発中のものだけだったため、州保健局長審議会(Conass)が国家衛生監督庁(Anvisa)が最初に承認した […]