ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》児童労働の労災事故の半数はサンパウロ州=サンパウロ市だけで3600件も

《ブラジル》児童労働の労災事故の半数はサンパウロ州=サンパウロ市だけで3600件も

ブラジルでは、勝手に車の窓ガラスを拭き始め、お金を要求する子供の姿が頻繁に見かける(Arquivo/Agencia Brasil)

 2007年~20年に起きた、5~17歳の子供が働いている最中の事故の半数はサンパウロ州で起きていた事が明らかになったと13日付現地サイトが報じた。
 スマート・ラブと呼ばれるプラットフォームによると、07~20年に起きた子供の労働中の事故は2万8900件に及び、その内の1万4600件がサンパウロ州で起きた。また、その内の3600件はサンパウロ市で起きたものだという。
 2020年の事故は1312件で、リオ・グランデ・ド・スル州が253件、サンパウロ州が221件、パラナ州が198件だった。

子供の労働中の事故について報じた13日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部

 ブラジルでは13歳までの子供の労働は法律で禁じられている。14歳以上の場合は技能習得などのための労働が認められるが、夜間の労働は禁止などの制限がある。
 だが、家内工業や農家などでは、年端も行かない子供が親を手伝うケースが見られる。また、貧困家庭では、子供が信号で物を売っている姿も頻繁に見られている。
 スマート・ラブは労働省と国際労働機関が提携して運営しており、公的機関が所有するデータなどから集めた情報を集計している。児童労働における事故に関する情報は、保健省の管轄するシステムのデータから集計されたものだという。
 地理統計院(IBGE)によると、2019年の場合、5~17歳の人口は3830万人で、4・6%にあたる180万人が児童労働に携わっていたとしている。

★2020年12年18日《ブラジル》児童労働が16・8%減少=それでも180万人が従事
★2018年6月13日《ブラジル・児童労働問題》労働検察が撲滅目指すも=6月祭やW杯での増加も警戒
★2013年9月25日《ブラジル》児童労働が3年で50万人減=ILO「他国のモデル」と評価=世界全体で1億6800万人

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 幸福の科学講演会「病気の原因」2007年3月8日 幸福の科学講演会「病気の原因」 2007年3月8日付け  幸福の科学ブラジル西支部(門守隆支部長)は、門守支部長を囲んで二つの講演会を催す。支部の米原佐智子さん、林原信子さん、池尻洋子さんの案内によると、 […]
  • 19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で2019年5月21日 19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で  日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。ブラジルからは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の […]
  • ■今週末の催し2016年1月28日 ■今週末の催し  30日(土曜日) サンバワークショップ、午前10時、エスパッソ・ヴィラ・ブルーツリー(Rua Castro Verde, 266, Jardim Caravelas)     ◎ 熊本産食品健康イベント、午後2時、熊本文化交流協会(Rua Guimaraes Passos, […]
  • 大耳小耳2010年8月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年8月25日付け […]
  • サントス港=大型船の航行は依然困難=浚渫工事やり直しの必要も2014年5月6日 サントス港=大型船の航行は依然困難=浚渫工事やり直しの必要も  連邦政府が16億レアルを投じて行ったサントス港の浚渫工事は期待された効果が上がらず、新世代の大型船舶は依然として入港不能と5日付エスタード紙が報じた。 サントス港の浚渫工事は07年に始まり、サントス市とグアルジャー市の間の水路の最深部を220メートルにわたり、開港当初と同 […]